胸のドキドキ・息切れも更年期?動悸・息切れ・不整脈の原因|更年期サプリメント口コミランキング

胸のドキドキ・息切れも更年期?動悸・息切れ・不整脈の原因

動悸・息切れ・不整脈といった症状も更年期障害には多く見られます。

 

更年期障害の動悸や息切れの特徴は安静時にさえも症状が起こる、ということ。
寝ているときに突然、胸がドキドキしたり思うように呼吸ができなくなって過呼吸を起こすことさえも・・・。
症状に個人差はあり、重い人だと日常生活にも支障をきたすようになり、家事どころか座っていることさえも困難になることさえも。

 

最初はちょっとした動作で動悸・息切れを起こしますが、しばらくすると治まるので更年期障害とは気づかないケースもほとんどです。
仕事やストレスのせいだと思い込み、何ら対処をしない人も少なくはありません。
でも、胸が急にドキドキしたり動悸や不整脈、脈拍の乱れは病気の症状としても心配になりますよね。

 

更年期,動悸,息切れ・ドキドキ,不整脈

原因はホルモンバランスの低下

動悸や不整脈、息切れ、ドキドキなどが更年期に起こりやすい原因は、まだまだすべて解明されていません。

 

更年期には女性ホルモンが激減するため、ホルモンバランスが大きく乱れます。
動悸や不整脈、ドキドキ、息切れなどもホルモンバランスの低下が原因から
自律神経が乱れ、それが原因から起こる、ということはわかっているようです。

 

心臓の脈拍をつかさどる神経が乱れるために起こるもので、特に心臓にトラブルがあるわけではない場合がほとんどのようです。

 

更年期,息切れ,動悸,不整脈精神的なものが原因なときも

 

ホルモンバランスの乱れと、付随して起こる自律神経の乱れは不安が強くなることもあって
動機や不整脈に深く関係してきます。
ちょっとした心配事を考えただけでも、ドキドキしてしまうこと私にもありますが、ひどくなる場合には不安症や強迫観念などから起こる場合もあるようです。

 

誰でも不安や心配事、恐怖心から心拍数は高くなります。
更年期には更年期鬱になってしまう人もいますが、更年期鬱などによっても動悸や不整脈は起こりやすくなります。

 

また、寝不足は動悸・不整脈・息切れ・ドキドキを悪化させてしまいます。
寝不足や生活リズムを見直すだけでも、これらの症状が軽くなることも多いので、
更年期には睡眠や生活リズムの乱れを見直すことが大切です。

 

注意が必要な更年期に起こる動悸、不整脈

更年期に起こる動悸・不整脈・息切れ・ドキドキは心臓に関係なく起こる、と言われています。
ですから、あまり焦らず、ゆったりと構えているほうが落ち着くことも多いんです。

 

エストロゲンには血管を拡張する作用があります。
更年期にはエストロゲンが急激に減少するため、女性よりも男性の方が多いといわれている高血圧や心筋梗塞・脂質異常症・動脈硬化などが起こりやすくなります。
男性よりも10歳程度発症年齢が遅いのもこのためです。
実際、私の義母も70代で高血圧による大動脈解離を起こしましたから、男性よりも好発年齢が遅いというのも納得できます。

 

特に、閉経後の更年期から起こる不整脈や動悸は、これらの重大疾患の可能性も無視することはできません
気になる場合には、病院で一度検査をしてみましょう。
検査することで、自律神経の乱れから起こっているものなのか
心臓や血圧などにトラブルがあり起きているのか、がはっきりします。

 

ほかにも胸が痛む、腹痛や嘔吐がある、顎や歯が痛いといった症状が同時にある場合には重大疾患の可能性が高いため、早く病院にいくことが大切です。
ただし、女性の心筋梗塞の場合は42%が胸の痛みのないまま起こる、とも言われています。

 

肋間神経痛は中年女性に多い

肋間神経痛は中年以降に発症しやすく、女性に多い、と言われています。
狭心症や腹膜炎、帯状疱疹のような感染症から引き起こされることもありますが
多くは疲労とストレスから発症します。

 

更年期,動悸,息切れ・ドキドキ,不整脈

更年期になり女性ホルモンが減少し、体の自律神経が安定しないこの時期には肋間神経痛を引き起こしやすいと考えられています。

私は何度も(というか、もはや持病に近いかもしれません・・・)肋間神経痛にはなっていますが
普通に動いても何にも痛くないこともあれば、ちょっと動くだけで激痛が走ることもあり
初めての方は不安に陥るのではないでしょうか。

 

ストレスがたまりすぎると帯状疱疹へとつながります。
痛みが続くようであれば病院で検査をしたほうがよいでしょう。

 

更年期の糖尿病からくる動悸、不整脈

更年期には心筋梗塞、脳梗塞、そして糖尿病のリスクも高くなります。
エストロゲンが急激に減少すると、インスリンの感受性が減少し、血糖値が高くなりやすくなります。
インスリン抵抗性が上昇すると血糖値が高くなり、糖尿病の発症率も高まります。

 

エストロゲンがサポートしてくれていた40代前半までとは異なり
更年期以降はエストロゲンの作用は弱まり、それによって糖尿病リスクが高まるのです。

 

そのため心筋梗塞などにもなりやすいので、早めに1度は検査を受けるといいのではないでしょうか。

 

更年期の動悸・息切れ・ドキドキ・不整脈 経験談

更年期には様々な症状がでる、と聞いていましたが、私の場合、40代後半に発汗・ほてり・のぼせなどの症状が出始めました。
しかし、それらの症状は間もなく治まったのですが、違う症状が出始めました。それが動悸です。
テレビを見ているときや、家事をしているときに急に動悸が始まります。激しい運動をしているときとは異なり、突発的に起こるため、不安になって病院で検査を受けましたが、心臓やほかの内臓器官には全く問題はありませんでした。
が、やっぱり女性ホルモンが少なくなっており、その為に起きている症状だ、ということでした。
更年期にはホルモンのバランスが悪くなって、イライラしたり、不安になったり、うつ傾向になったりすることがあると言われましたが、更年期による動悸が更に不安をあおり、悪循環を繰り返す場合があるようです。ホルモンを補う方法もありますが、まず漢方薬を試しましょう、ということで処方してもらいましたが、一ヶ月ほど飲むと頻度が少なくなり、やがて体感する症状は殆ど無くなりました。

 

40代前半から息切れ・動悸・顔のほてり・めまいなどの更年期障害の症状に悩まされてきました。
特に動悸は昼夜を問わず、突然症状があらわれたのです。痛みはないのですが、歩くだけで少し苦しく、最初に動悸が出たときには、動揺して救急車を呼ぼうか悩んだほどでした。
症状が出ると家事や育児にも支障をきたしてしまいます。閉経前なのに更年期特有の症状に悩まされることが苦痛だったので、婦人科に相談したところ漢方をすすめられました。
漢方は数種類あるものから、自分の症状に合うものを数か月単位で試しながら一番良いものを選び、やっと自分の体質に合うものを発見。
始めて数か月でめまいや顔のほてりなどかなり症状が軽減されました。

 

更年期,プラセンタ,コラーゲン,どっち更年期サプリで早めのケア

 

どれも女性ホルモンが激減すること、それによるバランスも乱れが
動機・ドキドキ・不整脈・息切れ・脈拍の乱れを起こしてしまいます。
一番大切なことは女性ホルモンの急激な減少を抑え、トラブルが起きないように予防すること。
だからこそ、更年期にはサプリメントでサポートしてくださいね。
更年期障害の症状が重くなる前に、「あれ?更年期?」と感じるころから飲み始めることで、大きなトラブルにならずに上手に更年期を乗り越えることが期待できます。

更年期サプリメント口コミランキング

関連ページ

自律神経って何?なぜ更年期に崩れるの?
更年期障害の症状などでよく聞く「自律神経」とは一体どのようなもので、どのような働きをしているのでしょうか。そしてなぜ更年期に崩れるのでしょう。
とにかく肌がかゆい!それも更年期の症状かもしれません
更年期には女性ホルモンの減少によってターンオーバーが乱れることで、肌の痒みが起こる|自律神経を整えて、腸内環境を整えることで少しずつ落ち着く|腸内環境を整えるなら、エクオールがおすすめ|自律神経と肌を整えるならば、プラセンタが更年期の時期には最適|お風呂上りの保湿ケアを重点的に行いましょう
更年期のめまい・ふらつき
更年期のめまいやふらつきは、閉経に向かい、ホルモンバランスが崩れてしまうことから、自律神経が乱れて起こる。 というだけではなく、加齢に伴い感覚器官の機能低下が起こりやすくなることも大きく影響しています。
更年期の不眠・入眠障害・中途覚醒
夜更かしを繰り返すと、さらにバランスが崩れて女性ホルモンのバランスも今以上に崩れる|更年期の時期の睡眠不足はエストロゲンの分泌減少にさらに拍車がかかってしまう|休日の寝だめは睡眠リズムを崩し、さらに自律神経のバランスを乱してしまう可能性があります。|成長ホルモンがたっぷりと出るような深く良質な睡眠を摂るために、9つのポイントを守る|更年期の睡眠障害にはプラセンタがおすすめ
更年期の頭痛と怖い頭痛の違い
更年期になり頭痛が増えてきた・・・今まで頭痛なんて年に数回あるかないかだったのに・・・という方は少なくありません。慢性的な頭痛に悩まされる女性はとても多く、緊張型頭痛と片頭痛。この2つの頭痛に悩まされているのです。
更年期・閉経後は骨量が減少!骨粗しょう症チェックをしてみましょう
骨は常に壊しては作るという新陳代謝を繰り返し生まれ変わっています。 そこで重要なのが骨を壊す破骨細胞と骨を作る骨芽細胞です。 エストロゲンのは破骨細胞の働きを抑え、骨芽細胞を活性化し骨を守る作用があります。 が、閉経するとエストロゲンのサポートはほぼなくなります。すると骨を壊す働きのほうが強くなってしまうのです。結果、骨粗しょう症になりやすくなってしまうのです。
更年期の不安やうつ 原因と乗り越え方は?
エストロゲンの減少によって心身が影響を受けるため、様々なバランスが崩れて不安やうつにつながる時期が更年期|イライラしたり落ち込んだりするのは人間だから当たり前!と思って割り切ることも大切|一人で抱え込まないこと。吐き出せる友人、場所を見つけておきましょう。|更年期が原因によるものだったら、プラセンタやイソフラボン系サプリメントを。
更年期閉経以降注意!舌痛症とは
舌痛症は文字の通り、舌が痛くなり、しびれが出る病気で 痛みの程度は日常生活に支障をきたしてしまうほどの痛みが起こることもあり、朝起きてから夜寝るまで続くこともある、考えただけでつらいことがわかる病気です。 ヒリヒリする、ピリピリする、ジンジンする、やけどをしたような感じなどと表現されて舌の痛みが訴えられます。しかしながら、痛みが出るような舌の状態は観察されないという病状です。
更年期と便秘の大きな関係
更年期には女性ホルモンの分泌量が減少することから 大腸を健康にする善玉菌(ビフィズス菌)が少なくなり便秘の悩みを抱えている女性が多くなるようです。ここでは、更年期の便秘の悩みを抱えている方のために 安心で自然な便秘解消方法と予防法を紹介しています。
更年期ののぼせ・ほてり・ホットフラッシュ
頭がのぼせてクラクラする 顔が突然のぼせて火がついたように熱くなる 上半身が突然かーーっと熱くなる 汗が噴き出してきて止まらない ? これらは 更年期の特徴的な症状でホットフラッシュと呼ばれています。
更年期になるとイライラするのはなぜ?
更年期のイライラは女性ホルモンのエストロゲンの減少から 感情のコントロールが難しくなる傾向があります。 イライラ同様、うつうつしたり落ち込んだりするのも同様。 これは女性ホルモンが減少することから起こる自律神経のバランスの乱れが原因です。
更年期と眠気 やたら眠くて仕方がないのも更年期障害?
ちゃんと夜寝ているのに、昼間眠くてたまらない とにかく一日中だるいし、眠いそれも更年期障害の1つの症状かもしれません。自分ではちゃんと寝ているつもりでも、眠くて眠くて仕方がなく ついつい眠ってしまうという症状を大きなものでいうと「過眠症」といいます。 ? 女性に過眠症が起こる場合には、ほぼ女性ホルモンとの関係が影響している場合が多い、と言われています。
更年期に入ってから冷えやすくなった!更年期と冷えの関係
手足、末端がいつも冷えていて困る 更年期に入ったら手足の冷えがひどくなってきた 冷えすぎるとお風呂に入ってもなかなか芯まで暖かくならない 体が冷えて、夜、なかなか眠れない。こんな冷えの悩みはありませんか?どうして更年期前後くらいから冷え性がひどくなるのでしょうか?
更年期になって朝がつらい!朝がだるい
更年期は女性ホルモンの減少がきっかけで自律神経が乱れやすくなる|自律神経が乱れることで起こる症状は個人差があり、朝症状がひどい人もいれば、夕方以降ひどくなる人も。|朝の症状が起き上がることがつらいことが多いため、周りからは怠けてみられてしまうことも|朝だるい、つらい、倦怠感にはそれぞれに合った対応策を。手軽に自宅で行うならサプリメントもアリ