更年期と便秘の大きな関係|更年期サプリメント クチコミランキング

更年期と便秘の深い関係

更年期には女性ホルモンの分泌量が減少することから
大腸を健康にする善玉菌(ビフィズス菌)が少なくなり便秘の悩みを抱えている女性が多くなるようです。

 

更年期,便秘,サプリ

 

ここでは、更年期の便秘の悩みを抱えている方のために
安心で自然な便秘解消方法と予防法を紹介しています。

 

 

更年期の便秘について

更年期には女性ホルモンのエストロゲンの減少から、ホルモンバランスが乱れて様々な症状がおこることは、もうご存知ですよね。
便秘もまた、その1つなのです。

 

ホルモンの分泌量が減少すると、身体全体の筋肉量も減少し、
大腸が排便するためには蠕動運動が必要です。
筋肉量が減少すると蠕動運動の機能も低下してしまうといいます。
すると弛緩性便秘になってしまうことも多いそうです。

 

*弛緩性便秘とは、腸のぜん動運動が弱くなり、便をうまく押し出すことが出来ない便秘です。

 

女性の便秘 大きな原因は2つ

更年期,便秘,サプリ

更年期の便秘の原因は、腸内細菌である

善玉菌(ビフィズス菌)が減ってしまうことも原因と言われています。

 

が、それ以前に女性は男性と比較して
便秘になりやすい性質なんです。

 

いわれてみれば、女性のほうが確かに便秘症の方多いですよね。

 

女性に便秘が多い理由は、女性ホルモンが関係しているからなのです。
更年期の原因というと浮かぶのは女性ホルモンであるエストロゲンの減少。
しかし、
女性の便秘に関与しているのはもう1つの女性ホルモンである
プロゲステロンです。

 

プロゲステロンは妊娠に備え子宮内膜を厚くする、生理を促す
といった役割があります。
生理前になると、便秘になりやすくなる。
この便秘の原因はまさにプロゲステロンが原因になっています。

 

プロゲステロンが生理前になると活発化するため
大腸を詰まらせてしまい、便秘になりやすくなってしまうのです。

 

なぜプロゲステロンが便秘を引き起こすの?

 

  • プロゲステロンには体内の水分を維持する働きがある
  • 骨粗鬆症,サプリメント,口コミ

    プロゲステロンには、体が妊娠に備えるために

    体内の水分を確保し維持しようとする作用があります。
    生理前になるとむくみやすくなるのはその水分保持機能があるためです。
    この働きは大腸にも影響を与えるため、より多くの水分を確保しようとするため、便の水分が少なくなり、腸内で固まり詰まりやすくなり、排出されにくくなってしまうのです。

     

  • プロゲステロンの子宮収縮を抑える作用が大腸にも
  • プロゲステロンには子宮の収縮を抑える働きがあります。
    この働きは子宮だけではなく、近くの大腸の動きも抑えてしまうので
    ますます便が体外に排出されにくくなり、便秘になりやすくなってしまうのです。

 

更年期になると、生理も徐々に不定期になっていきますが
ホルモンの影響は、ホルモンがある限り影響を受けます。
普段は便秘にならない人でも生理前になると便秘がちになる、という場合にはプロゲステロンの影響であると思ってみてよいでしょう。

 

便秘になると女性ホルモンが減る!?

便秘になると、
今度は更年期の症状の原因でもあるエストロゲンの減少がさらに起こります。

 

プロゲステロンが便秘の原因なのに、エストロゲンが減少するのは不本意な感じがしますよね。
その理由は「毒素が体内に溜まってしまう」からなのです。

 

骨粗鬆症,サプリメント,口コミ

便秘が続くと、お腹にガスが溜まりますよね。

それは腸内に有害物質やガスを発生させる「悪玉菌」が増えるからなのです。
悪玉菌が増えると腸壁を通じ、毒素は体内を巡り、様々な悪影響を与えるようになります。

 

便秘になると、吹き出物ができる人も少なくありません。
これは便秘から起こる悪影響の1つです。

 

また、便秘は腸の動きが活発ではない状態なので
血液の流れも悪くなり、体中の血液の循環も悪化してしまいます。
便秘が続けば続くほど、体に悪い毒素が増え長く腸内に滞留していることになるため、悪影響はどんどんと大きくなっていきます。

 

最悪なのは、便秘が続けば身体機能が低下し、
それらを管理している自律神経にまで影響を与え、乱れてしまうことです。
自律神経はホルモンの分泌を指令する系統です。
これが狂えば、心身の調子までくるってしまい、ホルモンの分泌も上手にできなくなってしまいます。

 

ただでさえ、更年期で女性ホルモンが乱れている上に
便秘がちになると、乱れ方は悪化してしまい、不調がひどくなってしまいます。
更年期には便秘になったら、できるだけ解消する必要がある、と言っても過言ではありません。

更年期の期間の便秘は特に注意が必要です

更年期障害が重い場合には、症状を少しでも軽減させるために
お薬を飲むことがあります。

 

例えば、精神面での症状がひどい場合には、オピオイドという抗精神病薬が
使われることがあるのですが、オピオイドは大腸の蠕動運動を抑制する作用があるため、お薬が原因から便秘気味になってしまうこともあります。

 

便秘予防と解消には、食生活を気を付けたり、運動やサプリメントなど
様々な選択肢があります。

 

骨粗鬆症,サプリメント,口コミ

私は昔、20日間も出なかったひどい便秘の経験があります。
当時は、とにかく体調も悪く、挙句、熱まで出てしまい、会社を早退する始末でした^^;

 

ただの便秘をここまでこじらせてしまうと、
更年期世代の方は
絶不調に陥るかと思いますから、
市販の下剤や便秘薬に頼るのではなく
必ず病院で診察してもらいましょう。

 

身体に負担をかけない更年期の便秘解消法

骨粗鬆症,サプリメント,口コミ

更年期に限らず、どの年代でも便秘解消や予防に効果的なのは

バランスの良い食生活と水分の摂取。そして適度な運動です。

 

これは便秘だけに限らず、健康的な生活を送るうえでも大切なことですよね。

 

食生活の面では、便秘解消に効果的なことで知られている食物繊維はもちろん。
毎日の食事でバランス良く、食物繊維を摂るようにしましょう。
また、こまめな水分摂取を実践すれば便秘解消と予防の相乗効果がありますよ。

 

更年期の便秘解消と予防には水分を積極的に摂ること

便秘は大腸に便がたまっている状態です。
ですから、食物繊維で大腸に溜まっている便をからめとる必要があります。
食物繊維で水分を吸収させると、膨張し効果が高まるだけではなく
腸内の水分含有量そのものが多くなると、便に水分を多く含ませ
柔らかくすることで、スムーズな排便を促すことができます。

 

更年期だからと鬱々と家の中にいるばかりではなく
気分が体調の良いときには身体に負担がかからない範囲で
体を動かしたり、近所を軽く散歩するだけでも便秘解消の効果が高まりますよ。
もちろん!更年期の敵ストレスも軽い運動をするだけで
解消できますから一石二鳥ですね。

 

更年期便秘解消やダイエットに効果的な簡単な運動

自分の体を健康に保ち、快便を自力でできるようにすることが大切です。
できるだけ下剤などの便秘薬を使わず、便秘解消のお茶や
更年期で減ってしまった腸内の善玉菌(ビフィズス菌)を増やす
オリゴ糖などの使用で便秘解消や予防をしましょう。

 

便秘解消にも良いエクオール

骨粗鬆症,サプリメント,口コミ

女性は更年期になる以前に、ホルモンの分泌の変化などから

冷え性や低体温症になりやすい、といわれています。
更年期になれば、さらにこのような症状が顕著に表れるようになります。

 

しかし、近年、善玉菌が多く、腸内フローラが良い状態になると
女性ホルモンの分泌量が増加するエクオールが女性ホルモンに似た作用を行う
ということで注目を集めています。

 

女性ホルモンの分泌量が減少することから
身体のダルさや精神的なストレス、イライラにはエクオールを作るのと同時に
便秘解消に効果的です。

 

>>エクオールについてはこちらから

関連ページ

自律神経って何?なぜ更年期に崩れるの?
更年期障害の症状などでよく聞く「自律神経」とは一体どのようなもので、どのような働きをしているのでしょうか。そしてなぜ更年期に崩れるのでしょう。
とにかく肌がかゆい!それも更年期の症状かもしれません
更年期には女性ホルモンの減少によってターンオーバーが乱れることで、肌の痒みが起こる|自律神経を整えて、腸内環境を整えることで少しずつ落ち着く|腸内環境を整えるなら、エクオールがおすすめ|自律神経と肌を整えるならば、プラセンタが更年期の時期には最適|お風呂上りの保湿ケアを重点的に行いましょう
更年期のめまい・ふらつき
更年期のめまいやふらつきは、閉経に向かい、ホルモンバランスが崩れてしまうことから、自律神経が乱れて起こる。 というだけではなく、加齢に伴い感覚器官の機能低下が起こりやすくなることも大きく影響しています。
更年期の不眠・入眠障害・中途覚醒
夜更かしを繰り返すと、さらにバランスが崩れて女性ホルモンのバランスも今以上に崩れる|更年期の時期の睡眠不足はエストロゲンの分泌減少にさらに拍車がかかってしまう|休日の寝だめは睡眠リズムを崩し、さらに自律神経のバランスを乱してしまう可能性があります。|成長ホルモンがたっぷりと出るような深く良質な睡眠を摂るために、9つのポイントを守る|更年期の睡眠障害にはプラセンタがおすすめ
更年期の頭痛と怖い頭痛の違い
更年期になり頭痛が増えてきた・・・今まで頭痛なんて年に数回あるかないかだったのに・・・という方は少なくありません。慢性的な頭痛に悩まされる女性はとても多く、緊張型頭痛と片頭痛。この2つの頭痛に悩まされているのです。
更年期・閉経後は骨量が減少!骨粗しょう症チェックをしてみましょう
骨は常に壊しては作るという新陳代謝を繰り返し生まれ変わっています。 そこで重要なのが骨を壊す破骨細胞と骨を作る骨芽細胞です。 エストロゲンのは破骨細胞の働きを抑え、骨芽細胞を活性化し骨を守る作用があります。 が、閉経するとエストロゲンのサポートはほぼなくなります。すると骨を壊す働きのほうが強くなってしまうのです。結果、骨粗しょう症になりやすくなってしまうのです。
更年期の不安やうつ 原因と乗り越え方は?
エストロゲンの減少によって心身が影響を受けるため、様々なバランスが崩れて不安やうつにつながる時期が更年期|イライラしたり落ち込んだりするのは人間だから当たり前!と思って割り切ることも大切|一人で抱え込まないこと。吐き出せる友人、場所を見つけておきましょう。|更年期が原因によるものだったら、プラセンタやイソフラボン系サプリメントを。
胸のドキドキ・息切れも更年期?動悸・息切れ・不整脈の原因
動悸・息切れ・不整脈といった症状も更年期障害には多く見られます。 更年期障害の動悸や息切れの特徴は安静時にさえも症状が起こる、ということ。 寝ているときに突然、胸がドキドキしたり思うように呼吸ができなくなって過呼吸を起こすことさえも・・症状に個人差はあり、重い人だと日常生活にも支障をきたすようになり、家事どころか座っていることさえも困難になることさえも。最初はちょっとした動作で動悸・息切れを起こしますが、しばらくすると治まるので更年期障害とは気づかないケースもほとんどです。仕事やストレスのせいだと思い込み、何ら対処をしない人も少なくはありません。でも、胸が急にドキドキしたり動悸や不整脈、脈拍の乱れは病気の症状としても心配になりますよね。
更年期閉経以降注意!舌痛症とは
舌痛症は文字の通り、舌が痛くなり、しびれが出る病気で 痛みの程度は日常生活に支障をきたしてしまうほどの痛みが起こることもあり、朝起きてから夜寝るまで続くこともある、考えただけでつらいことがわかる病気です。 ヒリヒリする、ピリピリする、ジンジンする、やけどをしたような感じなどと表現されて舌の痛みが訴えられます。しかしながら、痛みが出るような舌の状態は観察されないという病状です。
更年期ののぼせ・ほてり・ホットフラッシュ
頭がのぼせてクラクラする 顔が突然のぼせて火がついたように熱くなる 上半身が突然かーーっと熱くなる 汗が噴き出してきて止まらない ? これらは 更年期の特徴的な症状でホットフラッシュと呼ばれています。
更年期になるとイライラするのはなぜ?
更年期のイライラは女性ホルモンのエストロゲンの減少から 感情のコントロールが難しくなる傾向があります。 イライラ同様、うつうつしたり落ち込んだりするのも同様。 これは女性ホルモンが減少することから起こる自律神経のバランスの乱れが原因です。
更年期と眠気 やたら眠くて仕方がないのも更年期障害?
ちゃんと夜寝ているのに、昼間眠くてたまらない とにかく一日中だるいし、眠いそれも更年期障害の1つの症状かもしれません。自分ではちゃんと寝ているつもりでも、眠くて眠くて仕方がなく ついつい眠ってしまうという症状を大きなものでいうと「過眠症」といいます。 ? 女性に過眠症が起こる場合には、ほぼ女性ホルモンとの関係が影響している場合が多い、と言われています。
更年期に入ってから冷えやすくなった!更年期と冷えの関係
手足、末端がいつも冷えていて困る 更年期に入ったら手足の冷えがひどくなってきた 冷えすぎるとお風呂に入ってもなかなか芯まで暖かくならない 体が冷えて、夜、なかなか眠れない。こんな冷えの悩みはありませんか?どうして更年期前後くらいから冷え性がひどくなるのでしょうか?
更年期になって朝がつらい!朝がだるい
更年期は女性ホルモンの減少がきっかけで自律神経が乱れやすくなる|自律神経が乱れることで起こる症状は個人差があり、朝症状がひどい人もいれば、夕方以降ひどくなる人も。|朝の症状が起き上がることがつらいことが多いため、周りからは怠けてみられてしまうことも|朝だるい、つらい、倦怠感にはそれぞれに合った対応策を。手軽に自宅で行うならサプリメントもアリ