更年期ののぼせ・ほてり・ホットフラッシュ|更年期サプリメント 口コミランキング

更年期の代表的な症状 ホットフラッシュ

頭がのぼせてクラクラする
顔が突然のぼせて火がついたように熱くなる
上半身が突然かーーっと熱くなる
汗が噴き出してきて止まらない

 

これらは
更年期の特徴的な症状でホットフラッシュと呼ばれています。

 

骨粗鬆症,サプリメント,口コミ

 

特に激しい運動をしたわけでもないし、
寝ている時でさえ、突然、このような症状が出ることがあります。

 

ホットフラッシュは更年期初期に表れやすい、と言われているのですが
なぜこのようなことが起こるのか。
ホットフラッシュの原因と改善方法について紹介していきましょう。

 

 

更年期ののぼせ・ほてり ホットフラッシュの原因とは

ホットフラッシュの原因もやはり女性ホルモンのエストロゲンの急激な減少によるものです。

 

自律神経の更年期に対する影響にて、説明していますが
更年期にさしかかり卵巣機能が低下し始めると、思うように女性ホルモンを分泌することができなくなります。
すると、脳の視床下部から女性ホルモンの分泌を促す指令が
出されますが、卵巣機能が低下しているため、思うようには
分泌できません。
脳はそれでも指令を出し続けるため、視床下部近くにある
自律神経にまで影響がおよび、結果、自律神経が乱れる、崩れる
ということになるのです。

 

自律神経は血管や汗腺も司る

自律神経は血管の収縮・拡張や汗腺を働かせる役割があります。
自律神経が乱れることで、コントロールがうまくいかなくなり
ホットフラッシュが起こりやすくなるのです。

 

自律神経は、心の動きとも、密接に関わり合っています。
更年期障害の症状は一種の自律神経失調症であり
緊張したり、ストレスを感じると、ホットフラッシュが起こることもあります。

 

骨粗鬆症,サプリメント,口コミまた、冷えのぼせと言って

下半身は冷えているのにも関わらず上半身だけ熱くなることも
ホットフラッシュの原因です。
これも自律神経の乱れから、血流が上半身に滞り下半身にまで行き渡らないことから起こります

 

更年期のほてり・のぼせ・ホットフラッシュの症状はどんなもの?

更年期障害のホットフラッシュは顔や上半身などを中心とした
「のぼせ」「異常な発汗」「紅潮」などが特徴的。
私の場合には、のぼせから起こる頭重感もあります。

 

ホットフラッシュの症状と特徴

  • ほてり
  • のぼせ
  • 紅潮
  • 異常な発汗
  • 頻拍(頻脈)
  • 寝汗

 

ほてりの具体的な症状

私は寝汗が特につらい症状だなと感じます。
のぼせから起こる頭重感も、寝汗も最初は更年期障害の症状だと
気が付かなかったんですが、
ホットフラッシュだけに限らず、更年期の症状の出方や重さは
非常に個人差があります。

 

そのため、自分の症状を表すためにはどんな表現をすればいいのか
わからない、という方も多いんですよね。

 

ホットフラッシュを実際に体験した人は以下のような症状を
経験しているそうです。

 

ホットフラッシュはどんな症状だった?

  • 急に顔が熱くなって、じわじわっと汗が出てきた
  • 特に首から上がとても暑い
  • 体の中が急にカーッと熱を帯びてくる感じがする
  • 頭や目の周りがぼーっとする
  • 顔が真っ赤になる
  • 寝ていたら、急に体が暑くなって目が覚めると汗でビショビショ

 

ホットフラッシュというけれど、どこがほてるんだろう?

更年期になって、
なんだか寝汗をかくな・・・なんで突然暑くなるんだろう
これがホットフラッシュ?というわかりやすい症状ならば対応の仕方があります。

 

が、私のようなのぼせから起こる頭重感はホットフラッシュが
原因なんだということ、なかなか気が付かないんですよね。

 

「ここがほてったり、のぼせたらホットフラッシュです」という部位が
わかっていれば、それなりの対処ができますよね。

 

更年期に起こる、ほてりは
「顔」「頭」が最も多く、ほかには、胸や首の後ろという人もいますが
中には全身ほてりを感じる、という人もいます。

特に顔のほてりは、同じほてりでも、他の部位と比べて
熱感を高く感じるようです。

 

骨粗鬆症,サプリメント,口コミ手足にだけほてりの症状が出る場合には更年期障害よりも他の病気の可能性が高くなります。

この場合には、医師に相談するようにしてください。

 

ほてりやホットフラッシュはどれくらいで治まる?

ホットフラッシュは「発作」と言われています。
つまり発作なので、さほど長くは続かない、ということ。
人にもよりますが、一般的には1回30秒〜10分程度。
ある統計では、平均の継続時間は約4分と報告されています。
が、症状が重い人だと、30分近く続く場合もあるのです。

 

ホットフラッシュは、つらい症状だけれども、継続時間が短いため
それだけの為に病院に行きたくない
周囲から理解が得られない
などの諸問題も起きてきます。

 

さらに、発生頻度も人によって、1週間に2,3回程度という人もいれば
数時間・数分おきに起こるという人も。
発生頻度が週に2,3回程度であればサプリメントでの改善という方法もアリです。

 

が、数時間、数分おきに起こるのであれば、病院で医師に相談したほうが、体はぐっと楽になるはずです。

 

ホットフラッシュに効く!サプリメントベスト3

 

更年期のホットフラッシュ・のぼせ・ほてりはいつまで続く?

更年期,サプリメント,口コミ

ホットフラッシュが何度も続くと「いつまで続くんだろう・・・」

と不安になりますね。

 

これは、いつまで続くのかということを予測することはできません。
が、ホットフラッシュは更年期初期に比較的顕著に表れるといわれ
閉経前は頻度や症状も重くなったりということもありますが
閉経すると、自然と解消してゆくことがほとんどです。

 

ホットフラッシュが始まって5年以内には治まるともいわれています。

 

ただ、私の母の知人は、更年期を過ぎ、閉経してやっとホットフラッシュがなくなったと思ったら、60歳を過ぎてほてりが再発してしまった人もいます。
この場合は更年期というよりも、加齢によって自律神経が乱れ
冷えから起こる冷えのぼせかもしれません。

 

更年期,サプリメント,口コミほてりを発症する割合はどれくらい?

更年期になったからと、すべての人がホットフラッシュの発作が起こるようになるわけではありません。
概ね、40〜75%の方に現れるとされています。

 

更年期のほてりに似た病気に注意!

更年期のホットフラッシュに似た病気はいくつかあります。
ホットフラッシュじゃないかも?と思う場合や、ほかの症状が出ているときには
医師に相談するようにしましょう。

ほてりと同様の症状が出る病気

  • カルチノイド腫瘍
  • 甲状腺髄様癌
  • 膵臓癌
  • 褐色細胞腫
  • 頸部脊椎症
  • 脳腫瘍
  • 脊髄病変
  • フレイ(フライ)症候群
  • グルタミン酸ナトリウムの摂取
  • 薬による副作用

 

更年期にほてりやのぼせなどホットフラッシュになる原因

ホットフラッシュの原因は前述したようなことがあげられますが
実は正確にはまだ解明されていないそうです。

 

前述した原因をもう少し詳しく掘り下げてみましょう。

 

エストロゲンの減少が原因

ホットフラッシュが起こる原因は

 

@エストロゲンの減少
Aエストロゲンの減少による視床下部の誤認識

 

更年期にさしかかりエストロゲンが減少することで
体温調節をする働きのある視床下部が敏感に体温の変化を感じ取り
血流を増価させ、体温を上げる⇒ホットフラッシュというわけです。

 

卵胞刺激ホルモンの分泌増加

女性ホルモンの分泌量が減少すると、分泌量を正常にしようとするため
卵胞刺激ホルモンの分泌量が増えます。

 

が、更年期に入ると卵巣機能は低下し始めているため
卵胞刺激ホルモンの分泌はなされているにも関わらず、
女性ホルモン自体の分泌量を増やすことが難しくなります。
そのため、卵胞刺激ホルモンはさらに分泌量を増やすのです。
この卵胞刺激ホルモンは前述でいう「分泌を促す指令」になります。

 

結果、更年期になると、更年期前と比較して
卵胞刺激ホルモンの分泌量はなんと10倍〜100倍にもなります。
それがホットフラッシュを招く原因となるわけです。

 

その他考えられるホットフラッシュの原因

エストロゲンの減少は血中カルシウム濃度の上昇と
カルシトニン遺伝子関連ペプチドの過剰分泌から、ホットフラッシュになる
とも考えられています。

 

更年期のほてり・多汗・ホットフラッシュを緩和するには

顔や脇、首など主に上半身に汗や熱が集中するのがホットフラッシュです。

 

上半身にばかり汗が出る、その理由は前述のような
冷えのぼせという場合もありますが、上半身ばかり汗をかく、ということは
逆に言うと、ほかの部位の汗腺がほとんど働いていない
という場合も考えられます。

 

普段、汗をかくことがあまりない、ほとんどない
という場合には自律神経のバランスが崩れてホットフラッシュとなる箇所は
脇、顔、頭、襟元(首元)などが多く、汗腺が多い場所でもあります。

 

更年期,サプリメント,口コミ

普段、汗をかかないことが原因なのであれば

他の部位の汗腺を活発化させることで、ホットフラッシュの予防や対策になる、と考えられます。
激しい運動ではなくてよいので、軽い運動をし汗を流すことを
継続的に行うことがベスト。
ウォーキングやヨガなど軽めの有酸素運動を行うと上半身以外の
汗腺を活性化させ、上半身に集中してしまう汗を緩和することができます。

 

また、運動をすることでストレスの解消にもなるため
更年期には非常に効果的です。

 

更年期のホットフラッシュがいやなら、これは避ける!

ホットフラッシュの治療や対策は自宅でできる対策から
病院での治療までいろいろな方法がありますが、ホットフラッシュを予防、対策するならば、以下のことは避けるようにしましょう。

  • 喫煙(できれば副流煙も避ける)
  • 肥満(肥満傾向の方はホットフラッシュになりやすいといわれています)
  • 辛い食べ物、カフェイン、アルコール(刺激物は避ける)
  • ストレス

 

肥満傾向の方は、元々の体温が高いため、それだけホットフラッシュを誘発しやすくなります。
また刺激物やアルコールカフェインも、ほどほどを心掛けるようにしましょう。

 

ホットフラッシュがひどい場合にはホルモン補充療法も考えてみる

ホルモン補充療法は更年期障害の治療として
非常に有効とされています。
ホルモン補充薬のうち「ディビゲル」や「ル・エストロジェル」はホットフラッシュを専門とする治療薬です。
が、ホルモン補充療法によってホットフラッシュ軽減されるものの
治療をやめると再発してしまうことや、副作用なども懸念される部分があります。

 

ホットフラッシュには下半身の冷え症対策をすること

東洋医学では、顔ののぼせやほてりの原因は
冷えのぼせによるもの、と考えられています。

 

そうではなくても、女性は下半身や末端が冷える
という方が多いので、冷えは禁物です。

 

冷えのぼせの解消には、下半身の冷え防止を行うこと。
半身浴で下半身を温める、漢方薬やハーブティーなどで血行を良くするといった対策をしてみましょう。

 

ホットフラッシュにはどんなサプリメントが有効?

更年期障害は自律神経失調症の症状の1つ。

 

とはいえ、女性ホルモンが関係しているため、普通の自律神経失調症とは異なります。

 

更年期,サプリメント,口コミ

ホットフラッシュだけを改善、緩和したいのであれば

私のオススメはプラセンタです。
私も知人も、プラセンタでホットフラッシュによる頭重感や
のぼせ、ほてりが緩和されたため、これは試してもらいたい!試すべき!
と胸を張って言えるものです。
母の滴プラセンタEXを3か月継続の口コミ

 

更年期,サプリメント,口コミ

更年期障害の症状がほかにも感じられるのであれば、

エクオールか基本のサプリがオススメです。
更年期に減少するエストロゲン様作用のあるエクオールは更年期以降の健康にも役立つサプリメントとして非常に大きな注目を集めています。
女医さんとの共同開発エクオールの口コミ

 

当サイトのトップページでは、更年期のホットフラッシュに効果が期待できるサプリメントをほかにもご紹介しております。
また、その他の症状に合わせて、サプリメント選びの参考になさってくださいね。

 

【更年期サプリメント 口コミランキング】

更年期サプリメント口コミランキング

関連ページ

自律神経って何?なぜ更年期に崩れるの?
更年期障害の症状などでよく聞く「自律神経」とは一体どのようなもので、どのような働きをしているのでしょうか。そしてなぜ更年期に崩れるのでしょう。
とにかく肌がかゆい!それも更年期の症状かもしれません
更年期には女性ホルモンの減少によってターンオーバーが乱れることで、肌の痒みが起こる|自律神経を整えて、腸内環境を整えることで少しずつ落ち着く|腸内環境を整えるなら、エクオールがおすすめ|自律神経と肌を整えるならば、プラセンタが更年期の時期には最適|お風呂上りの保湿ケアを重点的に行いましょう
更年期のめまい・ふらつき
更年期のめまいやふらつきは、閉経に向かい、ホルモンバランスが崩れてしまうことから、自律神経が乱れて起こる。 というだけではなく、加齢に伴い感覚器官の機能低下が起こりやすくなることも大きく影響しています。
更年期の不眠・入眠障害・中途覚醒
夜更かしを繰り返すと、さらにバランスが崩れて女性ホルモンのバランスも今以上に崩れる|更年期の時期の睡眠不足はエストロゲンの分泌減少にさらに拍車がかかってしまう|休日の寝だめは睡眠リズムを崩し、さらに自律神経のバランスを乱してしまう可能性があります。|成長ホルモンがたっぷりと出るような深く良質な睡眠を摂るために、9つのポイントを守る|更年期の睡眠障害にはプラセンタがおすすめ
更年期の頭痛と怖い頭痛の違い
更年期になり頭痛が増えてきた・・・今まで頭痛なんて年に数回あるかないかだったのに・・・という方は少なくありません。慢性的な頭痛に悩まされる女性はとても多く、緊張型頭痛と片頭痛。この2つの頭痛に悩まされているのです。
更年期・閉経後は骨量が減少!骨粗しょう症チェックをしてみましょう
骨は常に壊しては作るという新陳代謝を繰り返し生まれ変わっています。 そこで重要なのが骨を壊す破骨細胞と骨を作る骨芽細胞です。 エストロゲンのは破骨細胞の働きを抑え、骨芽細胞を活性化し骨を守る作用があります。 が、閉経するとエストロゲンのサポートはほぼなくなります。すると骨を壊す働きのほうが強くなってしまうのです。結果、骨粗しょう症になりやすくなってしまうのです。
更年期の不安やうつ 原因と乗り越え方は?
エストロゲンの減少によって心身が影響を受けるため、様々なバランスが崩れて不安やうつにつながる時期が更年期|イライラしたり落ち込んだりするのは人間だから当たり前!と思って割り切ることも大切|一人で抱え込まないこと。吐き出せる友人、場所を見つけておきましょう。|更年期が原因によるものだったら、プラセンタやイソフラボン系サプリメントを。
胸のドキドキ・息切れも更年期?動悸・息切れ・不整脈の原因
動悸・息切れ・不整脈といった症状も更年期障害には多く見られます。 更年期障害の動悸や息切れの特徴は安静時にさえも症状が起こる、ということ。 寝ているときに突然、胸がドキドキしたり思うように呼吸ができなくなって過呼吸を起こすことさえも・・症状に個人差はあり、重い人だと日常生活にも支障をきたすようになり、家事どころか座っていることさえも困難になることさえも。最初はちょっとした動作で動悸・息切れを起こしますが、しばらくすると治まるので更年期障害とは気づかないケースもほとんどです。仕事やストレスのせいだと思い込み、何ら対処をしない人も少なくはありません。でも、胸が急にドキドキしたり動悸や不整脈、脈拍の乱れは病気の症状としても心配になりますよね。
更年期閉経以降注意!舌痛症とは
舌痛症は文字の通り、舌が痛くなり、しびれが出る病気で 痛みの程度は日常生活に支障をきたしてしまうほどの痛みが起こることもあり、朝起きてから夜寝るまで続くこともある、考えただけでつらいことがわかる病気です。 ヒリヒリする、ピリピリする、ジンジンする、やけどをしたような感じなどと表現されて舌の痛みが訴えられます。しかしながら、痛みが出るような舌の状態は観察されないという病状です。
更年期と便秘の大きな関係
更年期には女性ホルモンの分泌量が減少することから 大腸を健康にする善玉菌(ビフィズス菌)が少なくなり便秘の悩みを抱えている女性が多くなるようです。ここでは、更年期の便秘の悩みを抱えている方のために 安心で自然な便秘解消方法と予防法を紹介しています。
更年期になるとイライラするのはなぜ?
更年期のイライラは女性ホルモンのエストロゲンの減少から 感情のコントロールが難しくなる傾向があります。 イライラ同様、うつうつしたり落ち込んだりするのも同様。 これは女性ホルモンが減少することから起こる自律神経のバランスの乱れが原因です。
更年期と眠気 やたら眠くて仕方がないのも更年期障害?
ちゃんと夜寝ているのに、昼間眠くてたまらない とにかく一日中だるいし、眠いそれも更年期障害の1つの症状かもしれません。自分ではちゃんと寝ているつもりでも、眠くて眠くて仕方がなく ついつい眠ってしまうという症状を大きなものでいうと「過眠症」といいます。 ? 女性に過眠症が起こる場合には、ほぼ女性ホルモンとの関係が影響している場合が多い、と言われています。
更年期に入ってから冷えやすくなった!更年期と冷えの関係
手足、末端がいつも冷えていて困る 更年期に入ったら手足の冷えがひどくなってきた 冷えすぎるとお風呂に入ってもなかなか芯まで暖かくならない 体が冷えて、夜、なかなか眠れない。こんな冷えの悩みはありませんか?どうして更年期前後くらいから冷え性がひどくなるのでしょうか?
更年期になって朝がつらい!朝がだるい
更年期は女性ホルモンの減少がきっかけで自律神経が乱れやすくなる|自律神経が乱れることで起こる症状は個人差があり、朝症状がひどい人もいれば、夕方以降ひどくなる人も。|朝の症状が起き上がることがつらいことが多いため、周りからは怠けてみられてしまうことも|朝だるい、つらい、倦怠感にはそれぞれに合った対応策を。手軽に自宅で行うならサプリメントもアリ