更年期になるとイライラするのはなぜ?|更年期サプリメント口コミランキング

更年期にイライラしてしまうのはなぜ?イライラに効くサプリもご紹介

今まで些細なことではイライラしなかったのに・・・
ちょっとしたことですぐにイライラしてしまう
イライラすると、その感情を抑えられない

 

更年期,イライラ,サプリメント,口コミ

 

更年期のイライラは女性ホルモンのエストロゲンの減少から
感情のコントロールが難しくなる傾向があります。

イライラ同様、うつうつしたり落ち込んだりするのも同様。
これは女性ホルモンが減少することから起こる自律神経のバランスの乱れが原因です。

 

更年期のどうしようもないイライラは仕方ない

更年期になると、自律神経の交感神経が優位に働きがちとなります。
そのため、何かのきっかけですぐに感情が昂ぶり抑えるのが難しくなってしまいます。

 

更年期,イライラ,サプリメント,口コミイライラして、当たり散らしたりすることで、ストレスが解消されるのならば

更年期的には良いのですが、周囲との距離が生じてしまうこともありますよね。
また、イライラが引いた後で、
「あぁ、、また言ってしまった」
「またイライラしちゃった、、、」
と後悔したり、自分はどうしたのだろうという焦りを感じるようになってしまう人も少なくありません。
それがきっかけから、うつ症状になってしまうことも決して珍しくはないのです。

 

イライラする、という感情の昂ぶりを
できるだけ抑えて、気持ちを安定させることが一番。
その方法をいくつかご紹介していきましょう。

 

どうしようもないイライラを抑える方法

イライラすると、気持ちがなかなか治まらず
自分でもどうしていいかわからなくなることもありますよね。

 

そんなイライラの解消方法、予防策をご紹介しましょう。

 

食生活を見直す

更年期にはどうしても食生活を見直し改善する必要が出てきます。
イライラを改善するためにも、必要で、普段食べているものの中には
「イライラしやすくなる食べ物」
があり
「気持ちを静かに穏やかにする食べ物」
もあります。

 

イライラしやすくなるといわれる食べ物

  • フライドポテトなどの揚げ物系
  • マーガリン
  • インスタント食品
  • スナック菓子系

 

アメリカのカリフォルニア大学サンディエゴ校医学部によると、
トランス脂肪酸の摂取によって、ちょっとしたイライラから他人に対する明らかな攻撃性にいたるまで、
明確な関連性があるという結果が出たそうです。
このイライラしやすくなると言われる食べ物にはすべてトランス脂肪酸が含まれています。

 

食品の成分表示に「ショートニング」と書かれているものは要注意。
ショートニングには、トランス脂肪酸が非常に多く含まれています。

 

またコーヒーでちょっと一息・・・とコーヒーなどのカフェイン飲料を
好む方も多いと思いますが、元々カフェインは興奮剤なので
イライラしているときに摂りすぎるとイライラがさらに募ってしまうことがあるため注意してください。

 

気持ちを鎮め穏やかにする食べ物

  • ビタミンB1が多く含まれる食べ物
  • カルシウムが多く含まれる食べ物
  • ビタミンCが多く含まれる食べ物

 

ビタミンB1 はカルシウム、ビタミンCはストレス抑制の働きがあります。
特にカルシウムは更年期以降の骨祖鬆症予防にも役立ちますから
積極的にとるようにしましょう。

 

ビタミンB1は豚ひれ肉・生ハム・焼き豚などの豚肉やたらこ、うなぎなどに含まれます。
カルシウムはチーズやサクラエビ、しらす干し、イワシ、煮干し、小魚などに含まれます。
ビタミンCは柑橘系のフルーツや赤ピーマン・黄ピーマン・アセロラジュースなどに含まれます。

 

セロトニンを活性化させイライラを鎮めよう

幸せホルモンとも呼ばれるセロトニン。
セロトニンを多く分泌させることで心の安定をはかることができます。

 

更年期,イライラ,サプリメント,口コミセロトニンとは、神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンと並び重要な物質です。

心の緊張や不安感を軽減させ、ストレスを減らす働きがあることで、知られている物質です。

 

セロトニンを多く分泌させるには太陽の光を浴びること!

精神的に不安定な症状はセロトニン不足が原因です。
うつの方にも朝一番の太陽の光を浴びることで
セロトニンが分泌されると共に、体内時計がきちんと作動するようになる
という指導はよくなされます。

 

更年期,イライラ,サプリメント,口コミ

セロトニンは気持ちを穏やかにし脳内の幸せ感を伝達する物質。

朝一番の太陽の光はセロトニンを多く分泌します
1日1回20分以上外を歩いたり、日向ぼっこしたり。
洗濯物を干すだけでも違ってきます。
夏はギラギラと日差しがきついかもしれませんが、それ以外の季節に
太陽の光に当たると、ほわ〜っと気持ちが穏やかになり、なんとなくほっとしますよね。

 

また、太陽の光を浴びることはビタミンDを生成し、カルシウムの吸収をよくするため、更年期以降の骨祖鬆症予防にもなりますよ。

 

リズミカルな呼吸と運動をしてセロトニンを分泌させる

更年期,イライラ,サプリメント,口コミ

呼吸を意識するだけでも、セロトニンが活性化されるので

息を吐きだしながら腹筋を収縮させる運動を行うことでセロトニンをアップの効果が期待できます。

 

セロトニンは、一定のリズムのある運動をすると、分泌されやすくなります。
例えば、簡単なエクササイズ。音楽に合わせてエクササイズをするとリズムも刻みやすくなります。
またウォーキングや階段昇降もオススメ。
自転車を漕ぐだけでも、いいんですよ。

 

太陽の光を浴びて、サイクリングなんて、とても気持ちがいいですよね。
その「気持ちがいい」を感じることが大切なのです。

 

食事はしっかりと噛む

更年期,イライラ,サプリメント,口コミ

リズミカルな運動は手や足だけではなく、食事の時に噛むことも同様です。

リズミカルに噛むことを繰り返すことで、セロトニンが増えますから、食事はしっかりと噛むことを心がけましょう。

 

しっかりと噛むことで、顎の筋肉も鍛えられ、顎のたるみ解消にもつながりますよ。
また、噛む回数が多いと脳は満腹感をゆっくりと感じることとなるので
早食い防止=肥満防止にもなります。

 

人とのコミュニケーションの機会を増やす

更年期,イライラ,サプリメント,口コミ

気を遣わずに済む友人や仲間とおしゃべりをしたり

食事をすることは疲れをとってストレスの解消だけではなく
セロトニンを増やす効果があります。

 

人と一緒にいるとイライラする・・・という方でも何かしら楽しいことを見つけるようにしましょう。

 

セロトニンの材料は食べ物にもある

セロトニンは脳内物質だから食べ物から摂ることなんて
できないのでは?と思うかもしれませんが、実はトリプトファンによって
体内で生成されるのです。

 

トリプトファンとは

トリプトファンは必須アミノ酸の一種です。
トリプトファンには、脳に運ばれるとセロトニンの生成をする働きがあります。
セロトニンを増やしたい場合は、トリプトファンを豊富に含む食品を
摂ることが必要です。

 

トリプトファンを増やす食べ物

牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品や、豆腐・納豆・しょうゆ・味噌などの大豆製品。
さらに、カツオ・マグロなどの魚類、アーモンド・ピーナッツなどのナッツ類、バナナや小麦胚芽、卵などにも多く含まれています。

 

セロトニンはトリプトファンだけからではなく、
ビタミンB6 やマグネシウム、ナイアシンからも合成されます。
ビタミンB6はサンマやニンニクなど
マグネシウムはわかめやひじき
ナイアシンはキノコ類や緑黄色野菜
これらのものに多く含まれています。

 

更年期,イライラ,サプリメント,口コミトリプトファンは体内で合成することができないので、できれば毎日食事で摂り入れることが大切です。

でも、同じ食品ばかりを摂れば栄養バランスが崩れてしまうので、これらの食品を上手にバランスよく食事に摂りいれるようにしましょう。

 

更年期のイライラ 上手に抑えましょう!

なんだか最近イライラするな、更年期かな?
と思ったら以下の対処法を試してみてはいかがでしょうか。

 

婦人科や更年期専門外来でホルモン治療を受ける

更年期,イライラ,サプリメント,口コミ

更年期障害の治療を病院で受ける場合には婦人科になります。

近年は更年期外来を専門にしている医院もあります。

 

更年期の診断にはホルモン値を計測し、更年期障害かどうか
という診断がなされます。
診断後は、ホルモン補充療法を受けるかどうかを医師と相談することになります。
ホルモン補充療法はホルモンバランスの調整だけではなく、骨密度の低下を防ぐ効果もあるという報告もあり、更年期以降の骨粗鬆症予防にも大きく役立ちます。
また、漢方薬や抗不安薬が処方される場合もあります。

 

ホルモン補充療法は、自然現象として減少する女性ホルモンを補充するため、不正出血、乳房のハリ、子宮周辺の痛み、吐き気、下痢などの副作用が出ることもあり、更年期障害の治療なのに、その治療薬で悩まされてしまうという逆効果もないとは言えません。

 

プラセンタ注射も更年期障害の治療に効果があることから、プラセンタ注射が用いられることもあります。
プラセンタ注射は、1か月に1,2回の頻度で継続的にしてゆく必要があります。
が、プラセンタが不足していることも多く、プラセンタ注射に関しては予約制、初見はNGという病院も少なくありません。

 

更年期のイライラをサプリメントで抑える

更年期障害の治療において、病院では症状の度合いなどによって
さまざまな治療方法が行われます。

 

漢方薬を使われることもありますが、
漢方薬は植物性のものが主原料で、サプリメントにも利用されています。
また、エクオールなど医師からオススメされているサプリメントもあります。
専門機関で更年期障害の治療をしながら、サプリメントの併用をしている方もいます。

 

エクオール

更年期障害のサプリメントの定番とされている大豆イソフラボンサプリ。
大豆イソフラボンの植物性エストロゲンが更年期に良いとされていますが
それもエクオールに変換されなければ意味がなくなってしまうため
婦人科医師からエクオールの摂取をすすめられたという女性も少なくありません。
また、当サイトで紹介しているエクオールサプリメントは女性医師と監修の元に作られたサプリメントです。
>>エクオールの効果・効能についてはこちらの記事をご覧ください。

 

大豆イソフラボン

更年期障害のサプリメントの定番「大豆イソフラボン」は
大豆に含まれる植物性エストロゲンは体内において女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を行う効果が期待できるものです。
更年期に入ったら、できるだけ毎日大豆食品を摂るべき、と言われているのはそのためです。
大豆食品を摂ることで、エストロゲン様作用が体内で働けば、ホルモンバランスが整いやすくなるのです。
イソフラボンサプリメントの中では、キッコーマンから販売されている
基本のサプリが最も有名なサプリメントです。
>>大豆イソフラボンの効果・効能についてはこちらの記事をご覧ください。

 

プラセンタ

プラセンタは美容面でも大きな威力を発揮しますが、プラセンタは精神面での不調においても高い効果が期待できます。
原材料は馬や豚などの胎盤から抽出されたものです。
更年期障害の治療薬として医薬品としても使われていますが
医薬品のプラセンタとサプリメントではその力に大差はありません。
また、プラセンタ注射を行うと献血制限がかかりますが、(感染などの懸念から)
プラセンタサプリメントには制限はないので、その点でも安心して利用できます。
>>プラセンタの効果・効能についてはこちらの記事をご覧ください

 

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーの主成分アセチルコリンは自律神経の副交感神経の末端から分泌される神経伝達物質。
だからローヤルゼリーを摂ることで交感神経が優位になりがちな更年期に対して、副交感神経を優位にすることで自律神経を整える働きがあります。
更年期以降も摂り続ける方が多いのもローヤルゼリーの人気の特徴ではないかと思います。
>>ローヤルゼリーの効果・効能についてはこちらをご覧ください

 

漢方系サプリメント

更年期のイライラには漢方系がよく効く、と言われています。
田七人参や高麗人参などの生薬を原料とした漢方系サプリメントも非常に人気です。
それらに含まれるサポニンは副交感神経を優位にし自律神経の調整作用に優れる、と言われ、女性ホルモンの分泌も促進する作用がある、と言われています。
イライラは自律神経の交感神経が優位に立っている状態で、自律神経が乱れている状態です。
サポニンはその交感神経を抑え、リラックス神経の副交感神経を優位にし自律神経を整える作用があります。
当サイトで紹介している高麗美人は漢方系サプリメントが初めてという方にコスパ面でもよいのでオススメです。
>>高麗人参の効果・効能についてはこちらの記事をご覧ください。

 

更年期,イライラ,サプリメント,口コミサプリメントは副作用が少なく気軽に自宅でいつでも試せるところや、通院の必要がないところが最大のメリット。ただ、サプリメントはあくまでも薬ではないので即効性はありません。まずは、自分の体質に合うかどうか、1か月はじっくりとのみ様子を見ることが大切です。

毎日の生活を改善し、サプリメントを飲み続けるのがベストですよ。

更年期サプリメント口コミランキング

関連ページ

自律神経って何?なぜ更年期に崩れるの?
更年期障害の症状などでよく聞く「自律神経」とは一体どのようなもので、どのような働きをしているのでしょうか。そしてなぜ更年期に崩れるのでしょう。
とにかく肌がかゆい!それも更年期の症状かもしれません
更年期には女性ホルモンの減少によってターンオーバーが乱れることで、肌の痒みが起こる|自律神経を整えて、腸内環境を整えることで少しずつ落ち着く|腸内環境を整えるなら、エクオールがおすすめ|自律神経と肌を整えるならば、プラセンタが更年期の時期には最適|お風呂上りの保湿ケアを重点的に行いましょう
更年期のめまい・ふらつき
更年期のめまいやふらつきは、閉経に向かい、ホルモンバランスが崩れてしまうことから、自律神経が乱れて起こる。 というだけではなく、加齢に伴い感覚器官の機能低下が起こりやすくなることも大きく影響しています。
更年期の不眠・入眠障害・中途覚醒
夜更かしを繰り返すと、さらにバランスが崩れて女性ホルモンのバランスも今以上に崩れる|更年期の時期の睡眠不足はエストロゲンの分泌減少にさらに拍車がかかってしまう|休日の寝だめは睡眠リズムを崩し、さらに自律神経のバランスを乱してしまう可能性があります。|成長ホルモンがたっぷりと出るような深く良質な睡眠を摂るために、9つのポイントを守る|更年期の睡眠障害にはプラセンタがおすすめ
更年期の頭痛と怖い頭痛の違い
更年期になり頭痛が増えてきた・・・今まで頭痛なんて年に数回あるかないかだったのに・・・という方は少なくありません。慢性的な頭痛に悩まされる女性はとても多く、緊張型頭痛と片頭痛。この2つの頭痛に悩まされているのです。
更年期・閉経後は骨量が減少!骨粗しょう症チェックをしてみましょう
骨は常に壊しては作るという新陳代謝を繰り返し生まれ変わっています。 そこで重要なのが骨を壊す破骨細胞と骨を作る骨芽細胞です。 エストロゲンのは破骨細胞の働きを抑え、骨芽細胞を活性化し骨を守る作用があります。 が、閉経するとエストロゲンのサポートはほぼなくなります。すると骨を壊す働きのほうが強くなってしまうのです。結果、骨粗しょう症になりやすくなってしまうのです。
更年期の不安やうつ 原因と乗り越え方は?
エストロゲンの減少によって心身が影響を受けるため、様々なバランスが崩れて不安やうつにつながる時期が更年期|イライラしたり落ち込んだりするのは人間だから当たり前!と思って割り切ることも大切|一人で抱え込まないこと。吐き出せる友人、場所を見つけておきましょう。|更年期が原因によるものだったら、プラセンタやイソフラボン系サプリメントを。
胸のドキドキ・息切れも更年期?動悸・息切れ・不整脈の原因
動悸・息切れ・不整脈といった症状も更年期障害には多く見られます。 更年期障害の動悸や息切れの特徴は安静時にさえも症状が起こる、ということ。 寝ているときに突然、胸がドキドキしたり思うように呼吸ができなくなって過呼吸を起こすことさえも・・症状に個人差はあり、重い人だと日常生活にも支障をきたすようになり、家事どころか座っていることさえも困難になることさえも。最初はちょっとした動作で動悸・息切れを起こしますが、しばらくすると治まるので更年期障害とは気づかないケースもほとんどです。仕事やストレスのせいだと思い込み、何ら対処をしない人も少なくはありません。でも、胸が急にドキドキしたり動悸や不整脈、脈拍の乱れは病気の症状としても心配になりますよね。
更年期閉経以降注意!舌痛症とは
舌痛症は文字の通り、舌が痛くなり、しびれが出る病気で 痛みの程度は日常生活に支障をきたしてしまうほどの痛みが起こることもあり、朝起きてから夜寝るまで続くこともある、考えただけでつらいことがわかる病気です。 ヒリヒリする、ピリピリする、ジンジンする、やけどをしたような感じなどと表現されて舌の痛みが訴えられます。しかしながら、痛みが出るような舌の状態は観察されないという病状です。
更年期と便秘の大きな関係
更年期には女性ホルモンの分泌量が減少することから 大腸を健康にする善玉菌(ビフィズス菌)が少なくなり便秘の悩みを抱えている女性が多くなるようです。ここでは、更年期の便秘の悩みを抱えている方のために 安心で自然な便秘解消方法と予防法を紹介しています。
更年期ののぼせ・ほてり・ホットフラッシュ
頭がのぼせてクラクラする 顔が突然のぼせて火がついたように熱くなる 上半身が突然かーーっと熱くなる 汗が噴き出してきて止まらない ? これらは 更年期の特徴的な症状でホットフラッシュと呼ばれています。
更年期と眠気 やたら眠くて仕方がないのも更年期障害?
ちゃんと夜寝ているのに、昼間眠くてたまらない とにかく一日中だるいし、眠いそれも更年期障害の1つの症状かもしれません。自分ではちゃんと寝ているつもりでも、眠くて眠くて仕方がなく ついつい眠ってしまうという症状を大きなものでいうと「過眠症」といいます。 ? 女性に過眠症が起こる場合には、ほぼ女性ホルモンとの関係が影響している場合が多い、と言われています。
更年期に入ってから冷えやすくなった!更年期と冷えの関係
手足、末端がいつも冷えていて困る 更年期に入ったら手足の冷えがひどくなってきた 冷えすぎるとお風呂に入ってもなかなか芯まで暖かくならない 体が冷えて、夜、なかなか眠れない。こんな冷えの悩みはありませんか?どうして更年期前後くらいから冷え性がひどくなるのでしょうか?
更年期になって朝がつらい!朝がだるい
更年期は女性ホルモンの減少がきっかけで自律神経が乱れやすくなる|自律神経が乱れることで起こる症状は個人差があり、朝症状がひどい人もいれば、夕方以降ひどくなる人も。|朝の症状が起き上がることがつらいことが多いため、周りからは怠けてみられてしまうことも|朝だるい、つらい、倦怠感にはそれぞれに合った対応策を。手軽に自宅で行うならサプリメントもアリ