更年期になって朝がつらい!朝がだるい

更年期の朝のつらさ だるさ 起きられない

朝起きるのがつらい、起きても午前中だるくて仕方がない。
40代半ばくらいから、このような「朝がつらい」「朝だるくて仕方がない」という症状が起こり始めるようになったら
更年期障害を疑ったほうがよいかもしれません。

 

つらいわけじゃないし、起きられないわけでもないし、ただ朝からクラクラっとしている気がする。
これも、40代半ばを過ぎてから起こり始めるようになることも増えてきます。

 

ここでは、更年期の朝のつらさのそれぞれの症状や対処法などをご紹介します。

 

 

なぜ更年期になると、朝の様々な症状が起こりやすくなるのか

私たち人間の身体は自律神経という神経がコントロールしている部分が非常に多く、自律神経は意思とは関係なく働き、健康維持のために大切な神経です。
ところが、40代半ばを過ぎてくると、卵巣機能の低下によって女性ホルモンが思うように分泌できなくなってしまいます。
衰え行く卵巣に対し、脳の視床下部からは「ホルモンの分泌をするように」といった指令を持つホルモンが分泌されるのですが、卵巣は思うように女性ホルモンを分泌できません。
すると、女性ホルモン促進ホルモンばかりが過剰に分泌されることとなり、それが自律神経を乱れさせてしまう、というメカニズムによって更年期の諸症状が起こるようになるのです。

 

更年期の症状は多岐にわたり、ひどい人では寝込んでしまうことさえもあります。

 

また、1日の中でも調子の良い時間、悪い時間が分かれることもあり、夕方から悪くなるタイプの人もいれば、朝がダメで午後にかけて回復していくタイプの人もいるのです。
更年期と自律神経の関係 自律神経とは?

 

更年期の自律神経の乱れによって、朝起こりやすい症状

更年期に入り、朝がつらいというタイプの方は、起きることもつらく、午前中は寝込んでしまうこともあります。
更年期障害は一種の自律神経失調症ですから、うつに似た症状が起きてしまうのは無理もないことで、ある意味当然と言えるものです。

 

  • 朝起きられない
  • 眠って目が覚めても疲れが取れていないことが多い
  • 寝起きから体がだるい
  • やる気が出ない
  • 起きようとすると吐き気に襲われることが多々ある

 

このような朝の症状が顕著に表れやすいようです。
周囲からは、一見、怠けているかのように見えてしまうため、自分で自分を追い込んでしまい、精神的な負担も大きくなる傾向があり、さらにそれによってストレスがたまり、自律神経のバランスが乱れてしまい、悪化してしまうという悪循環を招いてしまうこともよくあります。

 

朝、起きられなくてつらい症状

まず、朝起きられない理由を削除することから始め、それでも起きられない。というところから改善をしていくのがポイントかと思います。

  • 夜更かしをしていないかどうか
  • 夜寝る1時間前までスマホやテレビ、パソコンを見ていないか
  • 眠るときに不安なこと、心配事などを考えていないか
  • 就寝直前に熱いお風呂に入っていないか

いかがでしょうか。
これらはすべて、自律神経の交感神経が優位になってしまう行為です。

 

夜更かしは当然のことですが、眠る1時間前までスマホやテレビ、パソコンを見ていると、交感神経が興奮してしまいなかなか副交感神経が優位になってくれません。
熱いお風呂も同様です。
また、眠るときについつい今日あったことや心配事など考えてしまいがちですが、これも交感神経が緊張し優位となってしまうため、眠る前には、できるだけ安らげる環境を脳にも作ってあげることが大切です。

 

スンナリ寝入ったと思っていても、交感神経が優位になっているままでは良質な睡眠を摂ることができません。
いくら8時間寝ていても、交感神経が優位になっていると、深い睡眠をきちんと得ることができず、浅い眠りが続き、眠ったと思っていても、朝起きられなくなってしまいます。
また、更年期は前述のようにただでさえ自律神経が乱れる時期なので、自分ではさほど・・・と思っていても、小さなことで乱れてしまう。そんな時期なのです。

 

良質な睡眠の邪魔になることをしていなくても朝がつらい場合

これらの症状が、前述のような、夜更かしなど良質な睡眠を邪魔するようなことをしていなくても毎日続く、週に何日かある、という場合には、やはり更年期による自律神経の乱れが原因である、と考えられます。

 

「朝、眠くて起きられない」「眠って目覚めても疲れが取れていない」この場合で、ほかにホットフラッシュや大きな生理の乱れがなければ、自律神経を整えることを積極的に行うことで改善の余地が見込めます。決まった時間に起きることを心掛け、朝少なくても30分は太陽の光を浴び、カフェインを摂るなら午前中だけにする、など、できる範囲から自律神経の調整を試みてみましょう。

更年期,朝つらい,だるい

また、サプリメントで自律神経の調整作用のあるものを摂るのも手軽にできます。

プラセンタには、自律神経調整作用があることから、婦人科やクリニックなどでプラセンタ注射で更年期の症状を緩和したり、メンタルクリニックなどでも利用されています。母の滴プラセンタEXはプラセンタサプリメントの中でもコスパもよく、良質な馬プラセンタが1袋に60粒含まれています。1日2粒でもよいですが、頭重感や朝の寝起きの悪さ、寝つきの悪さのあった管理人は、母の滴プラセンタEXを1日1粒飲むだけでかなり改善しました。つまり1袋で2か月使える、ということです。非常にコスパもよいので、初めてプラセンタを飲んでみる、という方にオススメです。

 

 

午前中は体がだるくて仕方がない症状

更年期に体がだるくなる理由の1つに「代謝の低下」が関係しています。
更年期、というよりも加齢によって筋肉はどんどん減少しますよね。筋肉が減れば、基礎代謝量も減りますから、どんどん代謝機能が低下していってしまうのです。

 

人間の代謝活動は、主に肝臓で27%、脳で19%、筋肉で18%行われています。ほか、腎臓で10%、心臓で7%、他19%となっています。
多くの代謝活動が行われるはずの筋肉が衰え、筋肉量が減れば、糖や脂質をエネルギーに変換する代謝量も落ちるため、エネルギーを生み出す力が弱くなってしまいます。
これが、疲労が抜けずに倦怠感、だるさにつながっていくのです。

 

更年期の疲労、だるさにはローヤルゼリーが相性が良い

ローヤルゼリーというと、だるい、倦怠感に対してアピールをしているCMが多いことはご存知ですか?
体がだるおも〜というタイプ。

 

アピールの通り、ローヤルゼリーには疲労回復に有効なビタミンB1がたっぷりと配合されており、倦怠感、だるさからの回復に働きかけてくれます。
ビタミンB1が不足すると、体内の糖質が上手にエネルギーとして変換することができなくなるため、疲労が蓄積するので、ビタミンB1を補給することで、更年期の疲れやすさや倦怠感、寝起きの悪さにピンポイントでアプローチします。

更年期,朝つらい,だるい

中でも山田養蜂場の酵素分解ローヤルゼリーキングは、1粒当たりに含まれるペプチド3種類が従来品と比較し2.1倍も吸収率がアップされています。

吸収率が高いということは、効果もたっぷりと実感できる、ということになります。1粒でローヤルゼリー800mg、1日目安量の3粒を飲めば2400mgものローヤルゼリーを摂ることができるのです。また後述しますが、朝起きると途端にクラクラするのは貧血が隠れていることも考えられます。
ローヤルゼリーキングには、亜鉛も含まれており、更年期に起こりやすい貧血の原因には鉄欠乏貧血だけではなく、亜鉛不足から起こる貧血もあり、また亜鉛はミネラル成分でもあるので、女性がなりがちな骨粗しょう症などを防ぐ事が可能です。ローヤルゼリーを摂るとともに亜鉛が摂れることも、特徴の1つです。

 

更年期の朝のだるさ、倦怠感に

酵素分解ローヤルゼリーキングの口コミはこちら

 

起きるとクラクラすることがある

起きた途端にクラクラするのは、一種のめまいの症状です。
フラフラと身体が浮くようなめまいがする場合には、自律神経の乱れが関係している可能性があります。めまいは体の異常反応の1つですから、基本的に何かしらの異常が体に起きている場合のサインの1つとなります。
特に更年期には自律神経が乱れることが多々あるため、更年期によるめまいととらえてもよいかもしれません。
また、寝ている間、あまり寝返りを打たなかったり、寝相が良すぎる方に多く見られます。
一晩中、布団で横になっていると、仰向けに寝ている人は背中側に、うつぶせに眠っている人はお腹側につまり、体が下になっているところに血液が溜まります。
この状態から急激に頭を起こすと、脳内の血液や酸素が不足してしまいめまいが引き起こされてしまいます。
さらに、貧血気味の人も頭がクラクラすることがよくあります。
鉄欠乏性貧血の場合には、ヘモグロビンの量が血液内に少ない状態で、ヘモグロビンの量が少ないと脳が酸素不足の状態となるため、頭がクラクラしてしまいます。女性は慢性的な鉄欠乏性貧血状態である人も多いため、貧血であることも考えられます。

 

更年期の症状を改善しながら貧血を改善するなら

更年期,朝つらい,だるい

更年期の症状は、エストロゲンを補うことで改善することが多々みられます。それがホルモン補充療法です。

が、婦人科に定期的に通院しなければならないことや、体質によっては合わないこともあり、まずは自宅で手軽にケアしたい、と望んでいる方も多いようです。
そこでオススメしたいのが、キッコーマンから販売されている基本のサプリです。
基本のサプリは、大豆専門のキッコーマンが研究開発したイソフラボンサプリメントで、イソフラボンが女性ホルモン様作用することから、更年期世代の女性に人気のサプリメントになっています。また、貧血の予防に役立つ葉酸も含まれていることもポイント。葉酸がないと疲労感が強くなり、体内で生成できないため意識的に摂ることが大切です。
葉酸は貧血予防にも効果があるので、閉経前に大量出血などがある方は積極的に摂るようにしたいものです。

 

更年期に入って初めてサプリを飲むなら

キッコーマン基本のサプリの口コミはこちら

 

朝、だるい、倦怠感が抜けない、つらい。といった症状に焦点をあて、原因と解決方法をご紹介しました。
他にも、更年期に気になる症状があるといった場合には当サイトのトップページにて、症状別に対応策などをご紹介しながら、アイテムも掲載しておりますので、参考になさってください。

【更年期サプリメント 口コミランキング トップページへ】

 

更年期の朝のつらさ だるさ 起きられない まとめ

・更年期は女性ホルモンの減少がきっかけで自律神経が乱れやすくなる
・自律神経が乱れることで起こる症状は個人差があり、朝症状がひどい人もいれば、夕方以降ひどくなる人も。
・朝の症状が起き上がることがつらいことが多いため、周りからは怠けてみられてしまうことも
・朝だるい、つらい、倦怠感にはそれぞれに合った対応策を。手軽に自宅で行うならサプリメントもアリ

関連ページ

自律神経って何?なぜ更年期に崩れるの?
更年期障害の症状などでよく聞く「自律神経」とは一体どのようなもので、どのような働きをしているのでしょうか。そしてなぜ更年期に崩れるのでしょう。
とにかく肌がかゆい!それも更年期の症状かもしれません
更年期には女性ホルモンの減少によってターンオーバーが乱れることで、肌の痒みが起こる|自律神経を整えて、腸内環境を整えることで少しずつ落ち着く|腸内環境を整えるなら、エクオールがおすすめ|自律神経と肌を整えるならば、プラセンタが更年期の時期には最適|お風呂上りの保湿ケアを重点的に行いましょう
更年期のめまい・ふらつき
更年期のめまいやふらつきは、閉経に向かい、ホルモンバランスが崩れてしまうことから、自律神経が乱れて起こる。 というだけではなく、加齢に伴い感覚器官の機能低下が起こりやすくなることも大きく影響しています。
更年期の不眠・入眠障害・中途覚醒
夜更かしを繰り返すと、さらにバランスが崩れて女性ホルモンのバランスも今以上に崩れる|更年期の時期の睡眠不足はエストロゲンの分泌減少にさらに拍車がかかってしまう|休日の寝だめは睡眠リズムを崩し、さらに自律神経のバランスを乱してしまう可能性があります。|成長ホルモンがたっぷりと出るような深く良質な睡眠を摂るために、9つのポイントを守る|更年期の睡眠障害にはプラセンタがおすすめ
更年期の頭痛と怖い頭痛の違い
更年期になり頭痛が増えてきた・・・今まで頭痛なんて年に数回あるかないかだったのに・・・という方は少なくありません。慢性的な頭痛に悩まされる女性はとても多く、緊張型頭痛と片頭痛。この2つの頭痛に悩まされているのです。
更年期・閉経後は骨量が減少!骨粗しょう症チェックをしてみましょう
骨は常に壊しては作るという新陳代謝を繰り返し生まれ変わっています。 そこで重要なのが骨を壊す破骨細胞と骨を作る骨芽細胞です。 エストロゲンのは破骨細胞の働きを抑え、骨芽細胞を活性化し骨を守る作用があります。 が、閉経するとエストロゲンのサポートはほぼなくなります。すると骨を壊す働きのほうが強くなってしまうのです。結果、骨粗しょう症になりやすくなってしまうのです。
更年期の不安やうつ 原因と乗り越え方は?
エストロゲンの減少によって心身が影響を受けるため、様々なバランスが崩れて不安やうつにつながる時期が更年期|イライラしたり落ち込んだりするのは人間だから当たり前!と思って割り切ることも大切|一人で抱え込まないこと。吐き出せる友人、場所を見つけておきましょう。|更年期が原因によるものだったら、プラセンタやイソフラボン系サプリメントを。
胸のドキドキ・息切れも更年期?動悸・息切れ・不整脈の原因
動悸・息切れ・不整脈といった症状も更年期障害には多く見られます。 更年期障害の動悸や息切れの特徴は安静時にさえも症状が起こる、ということ。 寝ているときに突然、胸がドキドキしたり思うように呼吸ができなくなって過呼吸を起こすことさえも・・症状に個人差はあり、重い人だと日常生活にも支障をきたすようになり、家事どころか座っていることさえも困難になることさえも。最初はちょっとした動作で動悸・息切れを起こしますが、しばらくすると治まるので更年期障害とは気づかないケースもほとんどです。仕事やストレスのせいだと思い込み、何ら対処をしない人も少なくはありません。でも、胸が急にドキドキしたり動悸や不整脈、脈拍の乱れは病気の症状としても心配になりますよね。
更年期閉経以降注意!舌痛症とは
舌痛症は文字の通り、舌が痛くなり、しびれが出る病気で 痛みの程度は日常生活に支障をきたしてしまうほどの痛みが起こることもあり、朝起きてから夜寝るまで続くこともある、考えただけでつらいことがわかる病気です。 ヒリヒリする、ピリピリする、ジンジンする、やけどをしたような感じなどと表現されて舌の痛みが訴えられます。しかしながら、痛みが出るような舌の状態は観察されないという病状です。
更年期と便秘の大きな関係
更年期には女性ホルモンの分泌量が減少することから 大腸を健康にする善玉菌(ビフィズス菌)が少なくなり便秘の悩みを抱えている女性が多くなるようです。ここでは、更年期の便秘の悩みを抱えている方のために 安心で自然な便秘解消方法と予防法を紹介しています。
更年期ののぼせ・ほてり・ホットフラッシュ
頭がのぼせてクラクラする 顔が突然のぼせて火がついたように熱くなる 上半身が突然かーーっと熱くなる 汗が噴き出してきて止まらない ? これらは 更年期の特徴的な症状でホットフラッシュと呼ばれています。
更年期になるとイライラするのはなぜ?
更年期のイライラは女性ホルモンのエストロゲンの減少から 感情のコントロールが難しくなる傾向があります。 イライラ同様、うつうつしたり落ち込んだりするのも同様。 これは女性ホルモンが減少することから起こる自律神経のバランスの乱れが原因です。
更年期と眠気 やたら眠くて仕方がないのも更年期障害?
ちゃんと夜寝ているのに、昼間眠くてたまらない とにかく一日中だるいし、眠いそれも更年期障害の1つの症状かもしれません。自分ではちゃんと寝ているつもりでも、眠くて眠くて仕方がなく ついつい眠ってしまうという症状を大きなものでいうと「過眠症」といいます。 ? 女性に過眠症が起こる場合には、ほぼ女性ホルモンとの関係が影響している場合が多い、と言われています。
更年期に入ってから冷えやすくなった!更年期と冷えの関係
手足、末端がいつも冷えていて困る 更年期に入ったら手足の冷えがひどくなってきた 冷えすぎるとお風呂に入ってもなかなか芯まで暖かくならない 体が冷えて、夜、なかなか眠れない。こんな冷えの悩みはありませんか?どうして更年期前後くらいから冷え性がひどくなるのでしょうか?