プラセンタで朝の目覚めスッキリ!睡眠障害によく効く!|更年期サプリメント口コミランキング

プラセンタには更年期障害の症状を緩和する働きがあります

プラセンタには更年期障害の症状緩和の効果があることを知っていますか?

 

美肌・若返り成分などとしてTVの通販番組や女性誌などでもたくさん紹介されているプラセンタにはどのような理由から更年期障害の症状などを緩和する効果があるのでしょうか。

 

更年期障害,プラセンタ,効果

 

プラセンタによる病院での更年期障害の治療

更年期障害,プラセンタ,効果

プラセンタは婦人科やクリニックなどでも更年期障害などの治療に利用されています。

実は、更年期以外にも喘息やめまいの治療にも利用されているんです。

 

病院でも利用されるほどのプラセンタは更年期の期間をサポートするものとして認められています。

 

婦人科やクリニックなどで利用されるプラセンタ「メルスモン」が厚生労働省から認可のおりているプラセンタ注射。
では、なぜ更年期障害にプラセンタが有効なのでしょうか。

 

プラセンタが更年期障害に効果が高いといわれる理由

婦人科やクリニック以外の病気などについても利用されているプラセンタ。
更年期においては、ホルモンバランスの調整作用と、自律神経の調整作用があることから効果が高いといわれ、非常に重用されています。

 

更年期障害の原因は加齢による卵巣機能の低下から起こるもの。
卵巣機能の低下はホルモンと自律神経のバランスを乱し狂いを生じるようになります。

 

更年期障害,プラセンタ,効果

更年期障害の症状はほてりやのぼせなどのホットフラッシュや、めまい、頭痛、肩こり、腰痛、神経痛などの身体に起こる症状とイライラや落ち込み、うつ感などの精神面に起こる症状があります。

また、更年期障害の症状が出る人もいれば出ない人。
更年期障害の症状が軽い人もいれば重い人もいる、と個人差が非常に大きいものです。

 

「私は何も症状と感じるものないんだよね」
「そうなんだー、私はもうやたら眠いし疲れるし」
「私は、のぼせというかほてり?が強くて困ってる」
と同じ年代の女性同士で話をしても、個人差がとっても大きいんです。

 

更年期障害の症状は一般的に以下のようなものが現れるといわれています

更年期障害,葉酸一般的な更年期障害の症状

 

精神面・・・イライラ・睡眠障害・うつ・不安感・無気力・記憶力の低下など
身体面・・・ほてり、のぼせ(ホットフラッシュ)・大量の発汗・めまい・頭痛・耳鳴り・食欲不振・倦怠感・腰痛・肩こり・動悸・筋肉痛
若年性更年期障害といって、若い世代の女性にも更年期障害に似た症状が起きたり、近年では男性にも更年期障害があることがわかっています。

 

これらの症状が更年期に起こる原因はホルモンと自律神経のバランスの乱れと狂いですが、
プラセンタにはホルモンバランス調整作用と自律神経調整作用があることがわかっています。
そのため、婦人科やクリニックでも重宝されているのです。

 

プラセンタを上手に活用することで、更年期障害の予防や症状の緩和や改善にも期待がもてるはずです。

 

更年期に効果のあるプラセンタとは何なのでしょうか?

プラセンタは何から作られているの?

このように、更年期に有効といわれるプラセンタ。
美容面においても近年注目を集めている成分です。

 

特にアンチエイジング面での効果が着目されていて人気になっていますが、プラセンタには自律神経の調整作用においても非常に優れた力があるため、更年期にさしかかる年代から高齢の方にも人気になってします。

 

そのプラセンタは「胎盤」から作られています。
プラセンタ注射は人間の胎盤から抽出され、プラセンタサプリメントは豚や馬などの胎盤から抽出され作られています。

 

動物は産後、排出された胎盤を食べるそうです。それは動物が本能で「胎盤には栄養が豊富に含まれている」ということを知っているのではないかと言われています。

 

プラセンタの栄養成分

プラセンタは胎盤から作られるのですが、大変に栄養価も高いものです。
以下、このようなものが含まれます。

更年期障害,葉酸プラセンタに含まれる栄養成分

 

アミノ酸
タンパク質
脂質
脂肪酸
活性ペプチド
糖質
ムコ多糖
ビタミン
ミネラル
酵素

 

このようにプラセンタには非常に様々な栄養素がバランスよく含まれているのです。

 

プラセンタは女性ホルモンに似た作用を行うわけではない

大豆イソフラボンエクオールは女性ホルモンに似た作用がある、女性ホルモンの補助的な作用がある
ということから更年期障害の症状に対しての効果を発揮します。

 

しかし、プラセンタは女性ホルモンに似た作用、似た働きを行うわけではありません。

 

プラセンタは体内で不足しているもの、足りないものを自分の体内で作ることができるように、と組織を刺激する働きがあります。
体内においてホルモンバランスの調整作用に非常に優れているため、更年期こそプラセンタがおすすめなのです。

プラセンタは中高年以降のホルモン分泌のカギである副腎機能を高めます

副腎機能という言葉。あまり聞いたことがないのではないでしょうか。
副腎機能は以下の3つを指します。

 

・自律神経系
・内分泌系(ホルモン系)
・免疫系

 

人間はこの3つの系統が正しく働くことで健康維持ができます。逆に、この1つでも働きが乱れれば心身を含め健康を害してしまいます。

 

更年期には、自律神経とホルモンの両方が乱れ、バランスが狂いやすくなります。
プラセンタはこの3つの要素すべてに働きかける抜群の体質改善力を発揮します。

 

プラセンタの内分泌系に対する効果

人間は心身の健康維持のために毎分毎秒50種類以上ものホルモンが分泌されています。
特に、更年期以降の女性の健康維持を考えた時に、
「ホルモンが健康な人生を左右する」といわれるほど、ホルモンは重要な役割をしているのです。

 

プラセンタの研究から福神機能を高める効果があることがわかっており、この副腎機能が健康に大きく関係しています。

 

人間の体は心身の健康維持のために50種類以上ものホルモンが毎日毎秒分泌されています。
特に更年期以降の女性の健康維持は「ホルモンは人生を左右する」といってよいほど重要な役割をしているのだそうです。

 

更年期障害,プラセンタ,効果

左右の腎臓の上にある小さな臓器が副腎。

副腎からは「コルチゾール」というホルモンが分泌され、抗ストレスホルモン・元気ホルモンとも呼ばれているもの。
コルチゾールが副腎からきちんと分泌されていれば、ストレスに悩まされる、やる気がなくなる、疲れやすくなるといったことから解放されるわけです。
更年期は心身ともに疲れストレスがたまりやすい時期。積極的にコルチゾールが分泌されるようにしたいものですよね。

 

そのコルチゾールは、朝の時間帯に最も多く分泌されます。
朝の時間帯にはもう1つのホルモン「セロトニン」が分泌されます。セロトニンは別名幸せホルモンとも呼ばれる物質。
セロトニンは日光を浴びることで促進されるといわれていますから
朝起きてコルチゾールとセロトニンが活発に分泌されれば、怖いものなし。ですよね。

副腎はDHEAという別名マザーホルモンと呼ばれるホルモンも作られています。
マザーホルモンは女性ホルモンの素。
つまり副腎を元気にすることが大切、ということなんですね。
プラセンタは副腎機能を高めてホルモン不足を補い抗炎症作用があるため、副腎機能を高めることで更年期障害・肩こり・冷え・めまい・頭痛などの改善につながるのです。

 

プラセンタの免疫系等に対する効果

めまいや頭痛が持病としてある方は、日常的に痛み止めなどの薬を飲んでいる、という方が多いのでは。
しかし強い薬を日常的に飲み続けるのは問題があります。
それはマクロファージ(大食細胞)と呼ばれる白血球の一種が大きなダメージを受けてしまうからなのです。
(*頭痛の場合には、この問題以外に「薬物乱用型頭痛」になる恐れがあります

 

マクロファージとは、外敵を食べ撃退する免疫細胞で、プラセンタにはマクロファージを向上させる効果もあるのです。

 

プラセンタの高い調整能力

プラセンタには「足らない分は補い 過剰な分は減らす」という高い調整能力があります。

 

更年期には、この足らない分を補い、過剰な分を減らすという高い調整能力が非常に有効です。
というのも、更年期の症状、大部分は自律神経失調症と同様の症状。
プラセンタは自律神経の調整作用も非常に優れているのです。

 

自律神経は全身に張り巡らされた神経の1つで、体温や血圧など意思とは関係なく、内臓や血管の働きを支配しているもの。
その自律神経は
・交感神経・・・心身を活発化する神経
・副交感神経・・・心身をリラックスさせる神経
の2種類があります。

 

2つの自律神経がバランスよく働くことで、心身の健康を保つことができるのです。
しかし、自律神経のバランスは、意識していなければ、乱れやすいものでもあります。
特に更年期に限らず、現代社会はストレス社会です。気が付かないうちに自律神経失調症になっている人も少なくありません。

 

更年期障害,プラセンタ,効果

 

そして、更年期は自律神経のバランスが崩れやすい状態になっています。
精神面に現れる症状として、イライラ、落ち込み、ウツ、涙もろくなる、怒りっぽくなる、と過剰にストレスがたまりやすい状態になってしまいます。

 

自律神経のバランスが乱れ、狂ってしまう原因は脳の視床下部が正しく働かないことから起こります。
視床下部は自律神経のみならず全身のホルモンを調整する内分泌作用の調整をも担っているため、自律神経のバランスが乱れればホルモン分泌や血流などにも影響が現れるというわけです。

 

ストレスがたまったら休む。ストレスがたまったら発散する。
本来はストレスがたまらないようにすることが一番ですが、現代社会においてストレスをためないことは難しく、たまっていても休めないことさえも多々あります。

 

そこでおすすめしたいのがプラセンタです。
プラセンタは多くの動物実験を経て、抗ストレス・抗不安・抗鬱作用があることがわかっています。
更年期障害の症状の緩和に積極的に摂りたいものではないでしょうか。

 

プラセンタの効果はまだこんなにある!

ほかにもプラセンタには

 

活性酸素除去作用
細胞保護作用
抗アレルギー作用
血圧調整作用
重金属解毒作用

 

などの働きがあることもわかっています。なんと20もの作用があるのです。
未解明な物質も含めると、胎盤には数千種類もの物質が含まれる、といわれ複合的な組み合わせによって、私達の全身に働きかけてくれます。
化学的に作られた医薬品では得られない効果が期待できるのです。

 

更年期障害,大豆イソフラボン,サプリメント,口コミ,ランキング

更年期サプリメント口コミランキング