EPA エイコサペンタエン酸とは|更年期サプリメント口コミランキング

認知症予防にもEPA エイコサペンタエン酸とは

EPAとDHA。どちらも認知症予防に摂りたいものとして注目を集めています。
もちろん、更年期世代からも積極的に摂りたいものの1つです。

 

そのEPA(エイコサペンタエン酸)はどんな働きや効果があるのでしょうか。

 

更年期障害,EPA,DHA

 

EPA(エイコサペンタエン酸)の歴史

EPA(エイコサペンタエン酸)は1960年代、エスキモー達の健康調査を行ったことから発見されました。
エスキモーの主食はアザラシや魚といったもので、土地柄、ほとんど野菜を口にすることがありません。
にも関わらず、健康な高齢者が多いことから健康調査が開始されたのです。

 

研究の結果、血液中のEPA濃度がデンマーク人と比べ、なんと35倍も高いことがわかったのです。
この結果から世界中でEPAの研究が開始され、血流を良くする効果など様々な効能が発見されたのです。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)とは

EPA(エイコサペンタエン酸)は中性脂肪を下げる効果や血流を良くすることから脳にも良い影響を与えることがわかり、近年注目の栄養素で、認知症予防のサプリメントなどにも必ずと言ってよいほど配合されているものでもあります。

 

EPAやDHAを多く含む魚やアザラシが主食となっている北極圏のエスキモー達は
脂肪摂取量が多いにも関わらず血栓症や心疾患が非常に少ないことから注目をされたのです。
様々な疾病との関連が疑われている飽和脂肪酸と異なり、
EPAを含む不飽和脂肪酸は、中性脂肪の低下や記憶力の向上といった素晴らしい効果が報告されています。
飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸についてはこちら

 

EPAを深く知るために、まずは『魚の脂』と『牛や豚の脂』の違いを理解しましょう。

 

不飽和脂肪酸

 

EPA,効果魚の脂は、『不飽和脂肪酸』と呼ばれ、EPAやDHAは、こちらに分類されます。
不飽和脂肪酸は字の通り「常温でも液体」の油で中性脂肪やコレステロールを減少し、血液をサラサラにする効果があります。
そのため、生活習慣病予防、メタボ予防、認知症予防に役立つのです。

 

飽和脂肪酸

 

EPA,効果牛や豚の脂は飽和脂肪酸と呼ばれ、乳製品などにも多く含まれています。
常温では個体の脂のため、体内で固まりやすく血液をドロドロにし、中性脂肪やコレステロール値を上昇させます。
そのため、動脈硬化や脳卒中などの生活習慣病を引き起こす原因となるため、更年期以降は特に摂取量を控える必要があります。

 

水温の低い北の海に住む魚は体内の脂が固まると命取りになるため、-45度まで固まらずに液体を保つ特徴を持つ不飽和脂肪酸を体内に豊富に蓄えることで血液の流動性を高めながら、自らの身体を守っているのだそうです。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)の効果

ではEPA(エイコサペンタエン酸)にはどのような効果があるのでしょうか。
食品やサプリメントを上手に利用し、更年期以降の健康維持にもお役立てください。

 

花粉症・アトピー性皮膚炎の緩和

更年期障害,EPA,DHA

EPAには炎症物質のロイコトリエンB4を抑制する働きがあります。

炎症抑制のビオチンの効果を高める効能もあり、現代人の慢性疾患ともいえる
花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギー疾患の予防・改善にEPAが役立ちます。

 

更年期には肌のかゆみが起こることも多々あり、そんな時にもEPAは役立つのです。

 

EPAの美肌作用

EPAには角質細胞をつなげる重要な役割があるため、
しっかりと摂ることで乾燥肌や敏感肌を防ぎます。
肌の健康を保ち前述のようにアレルギーを抑制する働きもあるため、アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の改善にも効果がある、と言われており、アメリカでは人気のサプリメント成分です。

 

脳卒中・動脈硬化などの生活習慣病予防にも

更年期障害,EPA,DHA

EPAは血液中の悪玉コレステロールを減らし血液をサラサラにする効果が期待できます。

中性脂肪を下げる働きもあるので脳卒中・動脈硬化など血液がドロドロになることでリスクが高くなる生活習慣病予防にも役立ちます。
「EPAエチル」として高脂血症や血管内で血液が固まるのを防ぐ医薬品としても活躍しています。

 

生理痛を緩和します

更年期障害,EPA,DHA

更年期の期間で閉経に差し掛かっている時期。

生理が以前と比較してひどい、という人は多いようです。

 

生理痛の原因とされるプロスタグランジンは子宮を収縮し経血を促すために分泌されます。
このプロスタグランジンが生理痛と関係しているのではないか、と言われています。
EPAにはプロスタグランジンの生成を抑制する働きがあるため、生理痛の緩和にも役立ちます。

 

ダイエットにも役立つ

インスリンを分泌するGLP-1というホルモンをEPAは大量に分泌させる効果があり、ダイエットのサポートに非常に強力です。
更年期に痩せにくくなった、太りやすくなったという悩みを解消させる働きがあるのです。

 

EPAを多く含む食品

魚に多く含まれるEPAですが、その中でも下記の食品に多く含まれています。

 

100gあたりに含まれるEPA量

 

・サバ・・・1.6g
・マイワシ・・・1.2g
・ブリ・・・0.9g
・さんま・・・0.9g
・すじこ・・・2.0g
・あん肝・・・2.3g

 

EPAとDHAの違い

EPAとDHAは同じ不飽和脂肪酸の仲間。
さらに多価不昭和脂肪酸のn-3脂肪酸(オメガ3)という種類の仲間でもあり
お互い非常に近しい存在です。

 

また似た働きや効能を持ち、動脈硬化などの生活習慣病を予防します。

 

しかし、得意分野が異なり、
DHAはコレステロールの減少を、EPAは中性脂肪の減少の効果を発揮。
さらにDHAは脳に到達し脳神経を活性化する働きがありますが、EPAは脳には到達して働くことはありません。
そのため、2つ同時に摂ることで相乗効果が期待できるので
サプリメントなどではEPA&DHAと2つ一緒に摂ることができるものが多いのです。

 

EPAの上手な摂取方法

EPAの明確な摂取量は日本では定められていませんが、
アメリカではDHA・EPA合わせて1日2gを超えない程度、という指針はあるようです。

 

食品から摂る場合には、青魚などから摂取するのが良いのですが、青魚は苦手、毎日青魚ばかり食べられないという場合には、サプリメントを上手に利用しましょう。

 

更年期サプリとして紹介している高麗美人にはEPAも含まれています。

更年期サプリメント口コミランキング