更年期症状向け漢方薬の選び方|更年期サプリメント口コミランキング

更年期症状向けの漢方薬には選び方がある!

更年期障害の治療薬としても使われているのが漢方薬。婦人科でも処方されています。

 

足りないものを補い過剰なものを抑えるという働きが漢方にはあります。
似たような働きをプラセンタもしているので、婦人科などでどちらも治療・処方されるのも納得ですね。

 

ホルモン不足で弱くなってしまっている部分を底上げして、更年期による様々な不調を解消するため、婦人科でも更年期に治療などに使われています。
ホルモン補充療法と異なり、漢方の良いところは「副作用」がないところ。
逆に、ホルモン補充療法より即効性はありません。
体の根源から改善してゆくのが漢方治療です。

 

更年期,漢方薬,種類

 

更年期障害と漢方薬

更年期,漢方薬,種類更年期障害とは、女性ホルモンのエストロゲンが減少することから起こる様々な不調。

更年期障害の症状の多くは自律神経が女性ホルモンの減少によって、乱れるようになるため、心身の不調、機能低下が起こるようになります。

 

更年期障害の症状が重い人は婦人科などでホルモン補充療法を受けるなどの治療を受ける方もいます。
しかし、更年期障害の症状の悩みの症状が改善されても逆に副作用が出てしまう人もいます。
そのような場合に利用されるのが漢方薬です。

 

また、更年期サプリメント同様に、病院に行くほどではないけれど・・・
という方にも漢方薬はオススメです。
倦怠感、ほてり、のぼせ、、頭痛など重度でなければ漢方薬をうまく利用することで症状が軽減されれば、毎日を健やかに過ごしやすくなりますよね。

 

「もしかして更年期の不調?」と感じたら更年期の3大処方薬を試してみよう

たくさんの種類がある漢方薬の中でも、更年期の女性によいと一般的にされている代表的なものは3つです。

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)・加味逍遥散(かみしょうようさん)

 

この3つは代表的なもので、
更年期の症状が重くつらすぎる方には向きませんが、
なんとなくだるい、疲れやすい、体がこわばる感じがする、下半身は冷えるのに顔がいつもほてる・・・
といった不定愁訴から
「もしかして更年期障害かな?」と思ったら市販薬を試してみるのも手。

 

代表的な3つの漢方薬を2,3週間ためし、効いていれば何かしらの手ごたえを感じられます。
市販で購入するとコスパ的には高いので、自分に合ったものが見つかったら婦人科などで処方を受けてもよいかと思います。

 

当帰芍薬散

更年期,漢方薬,種類当帰芍薬散は冷え性で、貧血気味。疲れやすいといった体力が虚弱な人に向いている漢方です。

更年期症状以外でも古くから女性に良いとされてきた
漢方薬。

 

頭痛やめまい・肩こり・立ちくらみ・手足の冷え・耳鳴り・動悸
といった症状を改善。生理不順を整えたりPMSの症状を和らげる効果も。
更年期特有の寝つきの悪さ(入眠障害)などにも効き目を感じられ、睡眠不足から起こる不調の改善にも期待ができます。

桂枝茯苓丸

比較的、体力はあるものの、時に下腹部痛や肩こり・頭重・めまい・のぼせ・冷えのぼせなどを訴える人に効果があります。

 

更年期,漢方薬,種類血の巡りを良くする効果があるので、

のぼせと冷えのバランスを整えたり生理不順を改善に。
更年期特有のうつなど精神不安にも効果が高い漢方です。
皮膚炎などにも効果があるので、更年期におこりがちな肌の乾燥などのトラブルにも。
ニキビやシミの改善に利用されることもあるので、大人のニキビやシミのケアにも効果が期待できます。

 

体力は若干弱めでのぼせ感があったり、肩こり、疲れやすい、精神不安やイライラといった精神的神経症状がある人や便秘がちな人に向きます。
冷え性やPMSなども改善。
精神不安から起こる不眠などにも利用されています。

 

冷えに効く漢方薬

40代前半までによく起こるのが末端冷え性が特徴的な「緊張冷え」
体幹には、体を温めるエネルギーがありますが、めぐりが悪くなっているために熱が末端まで届かなくなっている状態が末端冷え性。
要は血行不良ということです。

 

自律神経が張り詰めて不安定になっていると、頭痛や肩こり、イライラといった症状が出ることがあります。
体力がない疲れ気味な人は加味逍遥散、
体力はある程度はあるまたは普通にある、という人は四逆散を。
下半身が冷えているのに頭がのぼせてしまうという人は桂枝茯苓丸が向いています。

 

また、食欲不振、やる気が起こらない、下半身を中心に全体が芯から冷えてしまうのは「内臓冷え」を起こしている証拠。
おなかを温める人参湯や、胃腸の機能を高める六君子湯、
全体を温めながら下半身の水分代謝をよくする苓姜朮甘湯がよいでしょう。

 

緊張冷えには
加味逍遥散・桂枝茯苓丸・四逆散
内臓冷えには
人参湯・六君子湯(りっくんしとう)・苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)
腎虚には
真武湯(しんぶとう)・八味丸

 

中年太りに効く漢方薬

プレ更年期から更年期にかけて、もっとも多いのが水太りです。
脂肪を燃やすエネルギーが不足してしまい、太りやすくなります。
汗をかいて肌が湿っていたり、下半身に水分がたまりむくんだり
ひざに水がたまって痛むタイプは水太り傾向があります。

 

軽い冷え、運動をしたわけではないのにじわっとした汗が出るのが特徴です。
やる気を出して水分代謝をよくする
防己黄耆湯や胃腸の働きを整えて代謝を上げる補中益気湯がよいでしょう。

 

ストレスから食べてしまう、という人は食べすぎを抑える漢方薬があります。
体力のある人で固太りしていれば大柴胡湯
普通程度の体力の人は加味逍遥散、抑肝散、抑肝散加陳皮半夏などがよいでしょう。

 

体脂肪を落とす漢方薬として有名な防風通聖散は食べ過ぎ・飲みすぎが呼び水となり暴飲暴食に走り、暴飲暴食による消化不良を起こす便秘がちな人に向きます。
飲み始めると便が少しゆるくなります。
おなかが冷えて痛んだり、激しい下痢を起こしたり、寒気を感じたら体質に合っていません。

 

水太りタイプには
防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
ストレス食い防止には
大柴胡湯(だいさいことう)・加味逍遥散・抑肝散(よくかんさん)・抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
代謝アップには
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

 

肩こり・腰痛

肩こりや腰痛などの痛みはストレスから起こることがあります。
不快感や怒りを抑え込もうとすると、自律神経は働きが鈍り血行不良を招きます。
すると、元々弱っていた部分に痛みが現れるようになります。

 

ストレスによる肩こりの多くは四逆散や加味逍遥散で軽減できます。
ひどく痛む場合には血行促進作用のある桃核承気湯や桂枝茯苓丸が効きます。
元気がない人の肩こりには、体を温める葛根湯、血を補う四物湯、気と血を補う十全大補湯などが合います。

 

腰痛もストレス性のものがあって、四逆散や加味逍遥散が効きますが、気温や湿気などの要因もあります。
寒さや湿気などから腰が冷え、重い、だるいといった場合には下半身を温める効果のある漢方、苓姜朮甘湯がよいでしょう。
脚にむくみが出て、ひざが痛むなら防己黄耆湯を下半身の血行をよくして温める疎経活血湯も痛みを和らげます。
ぎっくり腰には、疎経活血湯と四逆散を併用すると激痛が治まります。

肩こりには
四逆散・加味逍遥散・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)・桂枝茯苓丸・葛根湯
腰痛には
苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)・防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)・疎経活血湯(そけいかっけつとう)

 

頭痛のある人向けの漢方薬

更年期以降は頭痛がなかった人でさえも頻発に起こるようになることは少なくありません。
頭痛も肩こりや腰痛、ひざ痛と同様、ストレスから起こる頭痛が大半です。
更年期になると、それに加え基礎体力の低下や気温、湿気などの影響を受けやすくなります。

 

漢方薬で頭痛に効くものを選ぶ時には冷えがあるか、ないかで選びます。
冷え性で血行不良、むくみも悩んでいる人の頭痛は呉茱萸湯。
片頭痛を抱えている人向きで頭痛の前後に肩こりや吐き気を伴う場合に用います。
強い冷えと貧血傾向があって冷えるとお腹や腰が痛む人の頭痛は当帰四逆加呉茱萸生姜湯で体を温めると効果的です。

 

冷えがない場合は別のアプローチが必要です。
口が乾いて水分を摂りすぎる人の頭痛には五苓散。証を気にせずに服用できます。
イライラを伴う実証の頭痛には釣藤散。疲れた時に頭痛が起きやすい人には、元気をつける補中益気湯が適しています。
普段、市販の頭痛薬を使っている人は試す価値がありますよ。

 

むくみやすい人は
呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
冷える人には
当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
口が渇く人には
五苓散(ごれいさん)

 

イライラする人には
釣藤散(ちょうとうさん)
疲れて頭痛がする人には
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

 

更年期女性には風邪をひいたとき葛根湯は効かないことが多い

漢方では、表面化している症状だけではなく、体力・体質なども視野にいれ、漢方薬を選ぶことが大切です。

 

よく知られている漢方薬の1つ「葛根湯」。
風邪の初期に飲まれる方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、本来、葛根湯は体力がある人の風邪の諸症状を緩和する漢方薬です。
ですから更年期に入り、体力がない、不定愁訴があるという場合や
お年寄りには葛根湯ではなく
柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)や香蘇散(こうそさん)などが適しています。
症状だけで漢方薬を選ぶのは難しいのがよくわかりますよね。

 

漢方は症状だけで選ぶのではなく、体質や体力などに合っているかどうかを確認することが大切です。

 

市販の漢方薬はココをチェック

市販されている漢方薬には必ずどの程度の体力の人に合うか
ということが示されています。

 

効能の部分だけを見るのではなく、自分の体力レベルに合っているかどうか確認してから購入するようにしましょう。

 

更年期サプリメント口コミランキング