ポリフェノールで抗酸化|更年期サプリメント口コミランキング

ポリフェノールとは

ポリフェノールという言葉は割とよく耳にするものですが、実際どんなものなのか知らない!という方がほとんどなのでは。
更年期に摂りたい抗酸化作用のあるポリフェノールとは どんな働きと効果があるのでしょうか。

 

ポリフェノールは動物には存在しない、植物特有の生体成分。
だから人間の体にも存在しないので摂るしかありません。

 

フラボノール、イソフラボン、タンニン、カテキン、アントシアニン、ケルセチン
これらはポリフェノールの中でもよく知られているものです。

 

ポリフェノールは植物の樹皮や表皮、種子などに含まれる色素成分や苦味・渋味成分。
自然界には約4000種類以上のポリフェノールが存在する、と言われています。

 

ポリフェノールの働き

ポリフェノールの主な働きはコレステロールの酸化抑制と活性酸素の働きの抑制作用。
活性酸素は私たちの体内で、強い酸化力と殺菌力で菌やがん細胞などと戦う酸素。
必要に応じて体内で生成されます。

 

しかし、ストレスや不規則な生活、食習慣、たばこや紫外線などの影響を受けると必要以上に生成され、その強い酸化力と殺菌力は、体内の正常な細胞までを傷つけてしまう、いわば諸刃の剣といってもおかしくないものです。

 

ポリフェノールはその特徴から抗酸化力が高いことで知られているのです。

 

厳しい環境の中でも育つ植物の力はポリフェノールがあるから

植物は厳しい環境下、強い紫外線を浴び
雨にさらされ、さまざまなダメージを受け育ちます。
そんな環境下でトラブルから身を守り、若い細胞を作り出す働きを助けているのが「ポリフェノール」です。

 

ポリフェノールというと、一番注目を集めているのがその抗酸化力です。
植物も動物も必要以上に紫外線を浴びたり
ストレスが続けば体に活性酸素が作られます。
活性酸素は体を酸化させ、体にたまると健康な細胞を傷つけ
深刻な病気や老化の原因になる、といわれています。
ポリフェノールにはそんな活性酸素を体から除去する働きがあるのです。

 

ポリフェノールは植物が虫や小動物などによる攻撃や
光合成のプロセス、紫外線により生じる活性酸素から、自らの生命を守るための生体防御物質なのです。

 

いろいろな種類のポリフェノール

ポリフェノールの種類は約4000種類以上といわれ
ブームになった赤ワインだけではなく、おそばに含まれるルチン、
ココアやチョコレートのカカオマス
緑茶に含まれるカテキン
など よく耳にする健康成分のほとんどはポリフェノールである!
というほど豊富です。
特定保健用食品で人気の「ウーロン茶重合ポリフェノール」や「コーヒークロロゲン酸」など体脂肪に効く成分もポリフェノールです。

 

  • アントシアニン(赤ワイン) → 肝機能、心臓病、認知症予防
  • ルチン(そば)       → 血管強化、動脈硬化、高血圧予防
  • カカオマス(ココアなど)  → 疲労回復、ストレス、ピロリ菌除去
  • カテキン(緑茶)      → コレステロールの減少、血糖値の正常化
  • ウーロン茶重合ポリフェノール→ 脂肪の吸収を抑制、メタボ解消
  • コーヒークロロゲン酸    → 脂肪燃焼、代謝、抗ガン作用
  • イソフラボン(大豆)    → 女性ホルモンのバランスを調整、美白

 

このように効果はさまざまなので、改善したい悩みや症状に合わせ、選ぶことが大切です。

 

赤ワインには「長生き効果」の期待できるレスベラトロールも

更年期,ポリフェノール
ポリフェノールの代表格といえるのが赤ワイン。

 

ポリフェノールは種類が豊富なので、これらの成分を含む食品は数多くあり
代表格といえるのが赤ワインです。

 

赤ワインには
肝機能や心臓病予防によいアントシアニンだけではなく
カテキンやタンニンなど何種類ものポリフェノールが含まれているのです。
そして、近年注目を集めているのがレスベラトロールです。
レスベラトロールは体内にある「長寿遺伝子」を活性化させ老化をブロックするというポリフェノール。
細胞の寿命を延ばし老化を防ぐだけではなく、
ガンを3段階で抑制することもわかっています。

 

赤ワインは毎日2杯程度飲むことで、これらの効果を得ることができる
と言われています。

 

注意点として・・・
レスベラトロールは体に効果を与えるためには100杯以上
というデータもあります。1日さすがに100杯は飲めませんよね。
さらに、更年期に多い片頭痛も赤ワインにはある、と言われているため
サプリメントなどで摂るようにしましょう。

 

更年期に摂りたいポリフェノール でも摂りすぎにも注意

ポリフェノールの1日の摂取目安量は1000mgから1500mgが望ましい、と言われています。

 

ポリフェノールはさまざまな食品の含まれるので、食事から摂ることは可能です。
成人の平均摂取量は1日1000mg程度と言われていますから
効果をしっかりと得るためには意識して補う必要性がありますよね。

 

さらにポリフェノールは体に蓄積されにくい、という特徴があります。
1度にたくさん摂った、としても実は3時間程度で高酸化力が失われてしまいます。
そのため2,3時間ごとにこまめに摂ることが理想的
と言われているんですね。
お茶、コーヒー、赤ワイン、ココア、チョコなど
こまめに摂る必要性がでてきます。

 

が、ここでも問題なのが片頭痛です。
上に書いたもののほとんどのものに片頭痛を悪化させてしまうといわれている
「チラミン」が含まれます。
最近では、特定のポリフェノールを効率的に摂取することができるサプリメントも多く販売されていますから、自分で選んで購入することが一番。
特に、更年期太りなどが気になる方は「トクホ」(特定保健用食品)などがおすすめです。

更年期サプリメント口コミランキング